MySpace作りました。試聴できます!

Flying Booksの音楽レーベル、FLY N`SPIN RECORDSのMySpaceアカウントを作りました。

OPEN一周年のパーティーでHIP HOPバンド、SUIKAのメンバーがサプライズで演奏してくれた「宙飛古書店~Flying Books」(1st「HARVEST FOR THE STRIPES」収録。2004年夏カレッジチャートで2週連続一位獲得)、同じくSUIKAの3rd「コインサイド」収録の「WROLD CALL」、
トラック・メイカー/グラフィックデザイナーでもあるマルチ・クリエイターの詩人・小林大吾の1st「1/8,000,000」の人気曲「棘 tweezers」などが試聴できます!
またビデオコーナーではFlying Books店内で撮影されたSUIKAの「Attack my life, voyage my life」(2nd「RIPE STRIPES」収録。MTV World Chart Expressフィーチャー曲)のビデオ・クリップも観られます。
f0024665_16471917.jpgf0024665_16473395.jpgf0024665_1649186.jpgf0024665_16503344.jpg
リリースしてきた各アルバムの一番人気の曲が聴けますので、ぜひチェックしてみて下さい!(いきなり音が流れるので仕事場では要注意!〔笑〕)
http://www.myspace.com/flynspinrecords
[PR]
# by flying-books | 2007-06-13 23:46 | MUSIC

ストリート発、21世紀のポップ・アート!?

7月に神保町で開かれる古書オークションのカタログ編集の仕事などをしているうちにすっかり間が空いてしまいました・・・

忙殺される中、つかの間の現実逃避の手助けをしてくれたのが雑誌『WARP』6月号のLA特集と『+81』のVol.36西海岸特集。
f0024665_0211116.jpg『WARP』では、この2月にL.A.を訪れた際、同誌のライターでもある大前至氏から得た情報でライブ・ペインティングを見学したグラフィティ・クルー「The Seventh Letter」や、大物彫り師でもある「Mr.Cartoon」が大きく紹介されている。待ってました、こういう情報。実物のグラフィティの迫力に感動し、バイオグラフィとか知りたかっただけに涙モノです。
そして大前氏の手によるお勧めSHOPリストも永久保存版。アパレルやスニーカーはもちろんだけど、ハンバーガー・ショップや、ホットドッグ・スタンドなどガイド・ブックには載らないローカルなグルメ情報がありがたい。レストランでははずすことも多いけど、カリフォルニアの抜けるような空の下で頬張るジャンク・フードは麻薬的な旨さなんです。

f0024665_0205445.jpg『+81』は、今回も全編に渡ってブッ飛んだエディトリアル・デザインが展開されていて、テキストを読まずレイアウトを眺めているだけで楽しくなります。
『ARKITIP』や『RAYGUN』など西海岸ならではのCOOLかつLOOSEなテイストの雑誌をフィーチャーしてくれているのうれしい。今まで知らなかった、読みたい雑誌や、行ってみたいショップも載っていて、こちらも永久保存版。


ということで、この2月にL.A.のダウンタウンで撮影してきたグラフィティの写真を公開します。場所はリトル・トーキョーの外れにあるリーガル・ウォール(合法的にグラフィティが行える)です。(『WARP』にも書かれてますが、夜は絶対行かないように!昼でもちょっとビビります。)

f0024665_0172752.jpg

「The Seventh Letter」の作品。

f0024665_0174142.jpg

これも「The Seventh Letter」の作品。取材を受けているメンバーの姿も。

f0024665_23574630.jpg
「Mr.Cartoon」の作品。7月発売予定のコミック『The Lost Angel』も気になります。Mr.Cartoonの漫画と写真が交錯した世界で、実在する登場人物たちが繰り広げるL.A.を舞台にした物語だとか。

f0024665_0165046.jpg

トラックまでがキャンバスとなっているグラフィティと廃墟、向こうに覗く近未来的な高層ビル群。果てし無く続くビーチとパーム・ツリーの風景とは対極だけど、これもまたとてもL.A.的な眺めなのです。
[PR]
# by flying-books | 2007-06-01 23:32 | ART

タケウチカズタケ、ソロプロジェクト「D.I.T.A.」始動!!

SUIKAやA Hundered Birdsのプロデューサー/コンポーザーであるタケウチカズタケ君のソロ・プロジェクト「D.I.T.A.」が始動しました!
第一弾はテイ・トウワやStudio Apartmentのヒット曲で知られるアメリカ人女性シンガーJOI CARDWELL(ジョイ・カードウェル)をフィーチャーし、生ドラム&ベース&ギターが心地よくクールな「Celia/A Beautiful Life」というハウスの楽曲です。

先駆けとして、3月末にOPENした六本木ミッドタウン内TSUTAYA MUSIC STORE & TSUTAYA TOKYO ROPPONGI限定コンピレーション「TOKYO CRUISE」の1曲目に「Celia/A Beautiful Life」D.I.T.A. feat. Joi Cardwell(RBCP-2338 1500円)として収録され、4月末にはDanceMusicRecords(DMR)からリミックスを含むアナログが発売されました。(アナログはDMRの通販サイトから購入できます。)
f0024665_18371384.jpgそして5月2日にはアルバムのタイトル曲としてフィーチャーされた、ジョイ・カードウェルのベスト盤「A Beautiful Life」も発売されました。ランブリング・レコーズのWEBで試聴できますし、タワーやHMVなど大型店ではたいてい試聴機にも入ってますので、ダンス/ハウスミュージックがお好きな方は是非チェックして見てください!

Joiのインタビューはこちら
また「FLOOR」の最新号でも、このプロジェクトについてJoiが語ってくれてます!



以下、DMRの通販サイトより転載
「Daishi Danceのヒット曲"What really matters"、Studio Apartmentのクラシック"Love is the answer"で圧倒的な声量とシルキー・ヴォイスでファンを魅了したJoi Cardwell待望のアルバムから12"カット。本作は、プロデューサーにA Hundred Birdsのコンポーザー / プロデューサーでもあるKaztake Takeuchi氏を迎えた"Celia"。オリジナルは、AHBのサウンドを彷彿とさせるメロディーに生ドラムが疾走感を引き立てる。また、アナログ・エクスクルーシヴとしてよりフロア仕様になったDJ Yokuによる心地よいダブ・リミックスも同時収録。今年の話題はJoiがかっさらってくれそうな気配だ。(伊東 亨)」
[PR]
# by flying-books | 2007-05-06 00:26 | MUSIC

タカツキ&ATOM in パリ!/鳥越さやかさん3年ぶりに舞台復帰!

最近忙殺されつづけ、更新もろくできずスミマセン・・・
でも!その分いい本がいっぱい入荷してますので、是非見にいらしてください!
ゴールデン・ウィークも日曜日以外は営業しております!

身の回りのニュースを2点ほど。
f0024665_1452893.gif

SUIKAからラッパーのタカツキとATOMがパリへ向かってます。
(画像は現地でフランス人アーティストが作ってくれたフライヤーで、二人はHIPHOP JAZZのイベント等に出演します)
パリでの大暴れの模様がSUIKAのブログにてUPされてますので、よかったら見てやってください。
筆まめではない二人の更新スピードの速さで、テンションの高さが伺えます(笑)
秋にはSUIKA本体でツアー予定です!

また、Flying Booksのイベントでもおなじみの鳥越さやかさんの3年ぶりの舞台が今週末阿佐ヶ谷であります。
本人からのメッセージです。「こんにちは!お元気ですか?私は花見にも行かずひたすら稽古に励んでおりました。そう芝居です。3年ぶりに女優復帰します!ラジオ・歌のステージとは違う生のサヤカ!を観にいらして下さい!」
f0024665_145478.jpg*舞台「Couples in the Suite~男と女、スイートにて~」
原作:ニール・サイモン
4月27日(金)開演19:30
4月28日(土)開演14:00/18:30
4月29日(日)開演14:00/18:30
ひつじ座 (丸ノ内線南阿佐ケ谷駅徒歩5分、JR線阿佐ケ谷駅徒歩12分)
チケット:¥2500 チケット予約:0422-71-6631
[PR]
# by flying-books | 2007-04-27 01:48 | OTHER EVENTS

SUIKA+A Hundred Birds = スイカ夜話10!

Flying Booksの音楽レーベルFLY N'SPIN RECORDSが贈るヒップホップ/ポエトリー・バンドSUIKAのイベント情報です。
ピアノ+ウッドベース+パーカッションに2名のラッパーと女性詩人が絡む唯一無二のヒップホップバンドSUIKA(http://www.suikaweb.com)がホストを務めるライブ・イベント。
f0024665_412416.jpgついに第10回を迎え、ゲストに30人編成によるオーケストラ演奏が話題を呼んでいるハウス・生バンド「A Hundered Birds」を6人+Voのセクステッド編成で迎えます。
60分ノンストップ生演奏ハウスでフロアを沸かせるとのこと、音楽・ダンス好きな方は是非遊びにいらして下さい!

----------------
SUIKA presents「スイカ夜話」 第10夜
f0024665_4125935.jpg2007年4月14日(土)
AOYAMA月見ル君想フ
open 18:30
start 19:00
前売 ¥2,500
当日 ¥3,000 
(共にドリンク代別)
出演 SUIKA
   A Hundred Birds Sextet
   DJ YOKU
-----------
[PR]
# by flying-books | 2007-04-11 00:57 | MUSIC

今週日曜、今年初のイベントやります

ご無沙汰してます。能登半島の地震のニュースを友人の結婚式で滞在中だった大阪で知りびっくりしましたが、石川県の友人たちはみな無事だったので安心しました。

で、今週日曜にFlying Booksで今年初めてのイベントとなるポエトリー・リーディングのイベントを行います!是非いらして下さい!

「Beat Goes On vol.8 ~ 春風めぐる10周年記念!」
【ポエトリー・リーディング】f0024665_194993.jpg
出演:長沢哲夫、内田ボブ 
OPEN:18:30 start:19:00 料金:1500円(1ドリンク付)
九州、諏訪瀬島よりナーガこと長沢哲夫さんと、久々の新作「YAPONESIA FREEWAY」(日本のジャック・ジョンソンとも言われるKEISONらをゲスト参加)を3月21日に発売する信州・大鹿村のシンガー、内田ボブさんのツアー十周年記念イベント!
旧友の作家宮内勝典さんが「現存する最高の詩人」と評するナーガさんの言葉の世界を味わって下さい。一年に一度、東京で生のリーディングが聴けるチャンスをお見逃しなく!
[PR]
# by flying-books | 2007-03-27 01:10 | EVENT@FB

ただいま&始まりました&撮影×2

2月の後半はカリフォルニアに行ってました。(レポートは後ほど。)
f0024665_12221451.jpg

昨日からサイケデリック・ロックポスター展始まりました!詳細はこちら
渋谷・恵比寿の4箇所で25点のポスターを展示してます。是非40年経ってもギラギラ輝いているオリジナルポスターを見てやってください!
f0024665_12131310.jpg
TOWER CAFE (恵比寿)
f0024665_12132910.jpg
Ground 2(恵比寿)
f0024665_1213392.jpg
TOWER BOOKS(渋谷)
f0024665_12142417.jpg
Flying Books

明日の3日は19時半からTOWER CAFEで柴田元幸さん、新元良一さんの対談です。なんと1ドリンク付いて500円! 21時半くらいからはキャッシュ・オンのパーティーを予定します。両先生に直接お話を聞けるチャンスです。是非遊びにいらして下さい!

先日、店内での撮影が2件ありました。
まずは、明日3日の深夜にTBSで放映される、黒沢清監督の
「映画『叫』公開記念!ミステリー映画大研究」です。
本にも造詣が深い山田五郎さんと撮影の合間に紙や印刷の風合いについての話題で盛り上がりました。杉浦美帆さんが演じるサスペンスシーンもお見逃しなく!
f0024665_12143978.jpg
(写真は杉浦美帆さん、山田五郎さん、ディレクターの大道さん)
「映画『叫』公開記念!ミステリー映画大研究」
TBS 3/3(土) 深夜 2:10~ (予定)
「セブン」「サイコ」ほか、ミステリー映画の過去の大ヒット作や古典的名作も続々、登場!
これを見れば「叫」ワールドが10倍楽しくなる!?「叫」を取り巻く“謎”完全ガイド
司会:山田五郎、杉浦美帆

もう一件はベストをリリースしたばかりのシンガーソングライター、HARCOさんの名曲
「世界でいちばん頑張っている君に」のビデオ・クリップのワン・シーンを。スズキアルトのCMソングなので聴いたことがある人も多いことと思います。WEBでビデオの試聴も出来ます。
f0024665_12152797.jpg
撮影の合間、コーヒーブレイク中のHARCOさん。
[PR]
# by flying-books | 2007-03-02 10:27 | EVENT@FB

ファミリードッグ・サイケデリック・ロックポスター・コレクション

f0024665_2311123.jpg3月1日~31日、渋谷のTOWER BOOKSとFlying Books、恵比寿のTOWER CAFEとGround2の4店でサイケデリック・ロックポスター展を同時開催します!

グレイトフル・デッド、ジェファーソン・エアプレイン、ジャニス・ジョプリンらを輩出し、サンフランシスコを中心に、60年代後半にたったの5年間でロックの歴史を創り上げた伝説のプロモート集団「ファミリードッグ」。その幻のコンサート・ポスターを昨年サンフランシスコで25点入手することができました。

f0024665_2295680.jpg通常、ポスター等はカタログで販売するのですが、サイケデック・ポスターの極彩色の魅力は実物を見ないことには伝わりませんので、一人でも多くの方に見ていただくために今回の企画をしました!
1つのテーマを基に、レコード店の運営するカフェと書店、セレクトショップと古書店の異なるカテゴリーの4店で、渋谷・恵比寿を点ではなく平面で回遊してもらおうという一風変わった試みです。是非、みなさん遊びにいらして下さい!

また3月3日には人気翻訳家・アメリカ文学者のの柴田元幸さん、新元良一さんのロック対談in TOWER CAFEも予定してます。


f0024665_317228.jpgフリーペーパー「Flying Buzz Vol.5 ファミリードッグ・サイケデリック・ロックポスターISSUE」も発行しました。両面フルカラーの拡大版で、今回の4店他で配布を随時開始してます。25点のポスターの画像やキャプションも付いてます!是非併せてご覧下さい!
(次回のブログで内容を紹介します!)


---------------------------------------------------------
Flying Books presents
f0024665_2194674.jpg

2007年3月1日(木)~31日(土) (*タワーカフェは14日(水)まで)
会場(4ヶ所同時開催)
(恵比寿) TOWER CAFEground2 (渋谷)TOWER BOOKS、Flying Books
各店の地図、展示作品等詳しくはこちら

3月3日(土)TOWER CAFEにて人気翻訳家によるロック対談開催!
「Shibata Niimoto Radio Station  60年代ウェスト・コースト特集」
(グレイトフル・デッド、ジェファーソン・エアプレイン、ジャニス・ジョプリンetc)
f0024665_2223096.jpg3月3日(土)19:00OPEN 19:30START 
place:TOWER CAFE Fee:¥500(1D付)
出演:柴田元幸(東京大学文学部教授)、新元良一(京都造形芸術大学助教授)
柴田元幸氏と新元良一氏によるDJ感覚のトークショー。アメリカ文学に造詣の深いおふたりが、お好きなミュージシャンや曲をお題に、音楽のみならず、さまざまな文化を縦横無尽に語りつくします。
presented by villagebooks supported by TOWER BOOKS
[PR]
# by flying-books | 2007-02-09 00:20 | EVENT@FB

FLY TO FRY!

今回インドネシアでまず初めに口にしたものはというと・・・
空港でバスを待つ間に買い食いしたケンタッキーのフライドチキンなんです。
わざわざインドネシアまで行ってナゼ?と思う人も多いでしょう。
ですが・・・だまされたと思って食べてみて下さい!味がまったく違います。
工業製品のように育てられたブロイラーと違い、より自然な環境で育ったチキンは同じ調理法でもまったく違うものに仕上がるのです。昔、マレーシアのクアラルンプール駅で感動して以来、東南アジアに来るとケンタッキーには立ち寄ることにしてます。

豚肉を食べないイスラム教徒の多いインドネシアでは、鳥肉は最もポピュラーな食べ物で、特にフライドチキン(アヤム・ゴレン)の人気が高いようです。
f0024665_33615100.jpg中でも創業者のおばちゃんの看板が存在感たっぷりのジョグジャカルタ発祥の名物チェーン「アヤム・ゴレン・スハルティ」は外せません。サクサクの衣に包まれ、頭から丸ごと揚げられたフライドチキンは一見痩せて見えるけれど、より自然に近い環境で育った地鶏だけあって身が引き締まり、一口食べると濃い肉汁が口の中にじゅわぁと広がります。多少へビィな感じもしますが、スパイスと一緒に食べるとちょうどよく、白いご飯とも相性抜群です。ジャカルタにも数店あります。機会があったら是非お試しを!
f0024665_3353591.jpg"Ayam Goreng Nyonya Suharti"
Jl.Adisucipto(Jl.Solo) 208, Yogyakarta TEL 0274-515522




f0024665_3364288.jpgチャンドラ君も数年前からフライドチキンのチェーンを始めました。結婚式の翌日、最近新しく出来た巨大なショッピングセンターの2号店を覗き、おやつにコロッケをいただきました。何でもお姉さんのイサベラの日本での好物なので、メニューに加えたとか。(彼女の好物のスパゲティのキャンペーンも!)ポテトにチキンを練り込んだかわいらしいコロッケはスパイスが絶妙に効いていておいしく、ビールにとっても合いそうでした。
f0024665_3371545.jpg
"Athens Fried Chicken"
Plaza Ambarrukmo Lt.3, Yogyakarta TEL 0274-7408484

f0024665_3374235.jpgf0024665_337578.jpg
(左は結婚式翌日のチャンドラ&ヴィヴィ、右は好物の看板を前に満面の笑顔のイサベラ)


f0024665_3381168.jpg半分私信ですが、ブログを見てくれている共通の友人たちへイサベラの近況写真をもう一つ。彼女の主催するダンススクールが受賞した数々のトロフィーを前に旦那のマイケルと。
f0024665_3395763.jpgBailamos Dance Studio
Jl. Demangan Baru 1, Yogyakarta TEL 0274-552553
http://www.bailamos-dance.com/
(同じ敷地にAthens Fried Chickenの一号店も)
[PR]
# by flying-books | 2007-01-31 00:56 | 旅の小ネタ(インドネシア)

空前絶後の結婚式:後編

シャワー浴びて、すっきりしてから披露宴の行われるレストラン!?「Grand Pacific」へ向かうと・・・
f0024665_3552979.jpg
そこにセッティングされていたのは10人掛けの円卓が、約170卓!
なんと1500人以上が出席する大披露宴!
しかも立食ではなく、みなで一斉に中華のコースを食べるのだ。
(おもしろいことにアルコールは一切なし。イスラム教の人も多いインドネシアでは、子供はもちろん大の大人がまでジュースを飲みながら食事をする。)どんな規模の厨房ならこれだけの食事を作れるのか・・・。席への案内嬢や、サーブをする人だけでそれぞれ数十人ずつはいたようだ。

以下、いかに盛大な結婚式だったかというと・・・。

f0024665_3555498.jpg入口には各業界からの祝い花が。多すぎて飾りきれていないほど。

f0024665_3561345.jpgギリシャ風の装飾が施されたひろーいステージの前には噴水が・・・。屋内なのに花火は上がるし、曲に合わせて火まで吹き上がった。
音楽はすべて生バンド。司会はプロのコメディアンらしき人(しかも歌もとてもうまい)。入れ代わり立ち代り出てくる5人ほどのシンガー以外にも男2女3のコーラスグループまで。たった5人の日本人客のために「上を向いて歩こう」を日本語で歌ってくれた。

f0024665_3563218.jpgPAセットはそこいらのコンサートホールより本格的。ステージ両脇の大きなスクリーンにはクレーンのカメラから捉えたステージの模様がライブで映しだされる。まるで紅白歌合戦+ディナーショウといった感じだ。
右端は結婚式の定番、抽選クジ(ビンゴは規模的に無理!)の景品。テレビ、冷蔵庫、洗濯機の3種の神器にバイクまで!当たったらどうしようかと思っていたけど余計な心配だった・・・

f0024665_3585376.jpgプロのシンガーたちのパフォーマンスだけでなく、日本語ペラペラの新郎のお姉さん、イサベラが主催するダンス・スクールのかわいらしい生徒さんたちによる微笑ましいバレエや、華麗な社交ダンスも。
f0024665_421624.jpgチャンドラ君は新婦のヴィヴィちゃんとこのダンス・スクールで出会ったとのこと。二人も華麗なステップを披露した(写真はイサベラ&マイケル夫妻)。今回の為にイサベラが苦労して発案した初の試み、中国武術とダンスのフュージョンは、力強い勇ましさと、柔らかな華麗さが溶け合い、見ごたえのあるもので、外国で公演しても十分通用するであろうものだった。

f0024665_423533.jpg手がやっと届くほど大きなウェディング・ケーキ。







そして宴は18時半から22時近くまで続き、その後の写真撮影は23時過ぎまで続いた。

f0024665_425218.jpg姉のイサベラは10年来、新郎のチャンドラ君も7年来の友人だが、ここまでの宴を催す一族だったとは・・・。今でも何をやっているのか全貌は把握できてないけれど、そんなのがまったく気にならないほど決して飾らない、やさしくて素敵な家族だ。

(結婚式翌日も、疲れているだろうにご両親も含めて家族全員で空港まで見送りに来てくれた・・・涙)
[PR]
# by flying-books | 2007-01-30 00:53 | 旅の小ネタ(インドネシア)