今年最後のイベント、ピアノとヴァイオリンと詩の夕べ

先日ちょこっとご紹介した今年最後のFlying Booksイベントのご案内にビッグニュースが。
タケウチ君が参加するハウス・オーケストラA Hundred Birdsのヴァイオリニストで、東京交響楽団コンサートマスター、山形交響楽団特別首席コンサートマスターを務め、最近、タケウチカズタケとのデュオで大阪公演を終えたばかりのが高木和弘さんのゲスト参加が決定しました!あの熱いヴァイオリンとピアノの絡みを間近で聴けると思うと今から興奮してきます。高木さんのヴァイオリンはCDでは再現しきれないので、絶対に生で聴いて欲しいです!
また、KREVAやライムスターの楽曲提供でも引っ張りだこのトラックメイカー/ラッパー、今作で2曲参加してくれている、ROMANCREWのALI-KICKも駆けつけてくれます!
(今作でもアートワークやビートを手掛けた小林大吾との未発表曲の初公開セッションについては前回触れましたね。)
是非、Flying Books今年最後のイベントをお見逃しなく!

f0024665_3591874.jpgタケウチカズタケ
ハウス&ヒップホップを中心にジャンルをクロスオーバーし、クラブ・ミュージックシーンを賑わすキーボーディスト/プロデューサー。総勢30人のハウス・オーケストラ「A Hundred Birds」の中心人物として作曲プロデュースを手掛け、ソロとしても「D.I.T.A.」名義でNYCハウスのディーヴァJoi Cardwellらとコラボレート、フランスのコンピレーションに収録されるなど国内外で高く評価されている。一方自らリーダーを務めるHIPHOPバンド「SUIKA」では、2008年春に4枚目のアルバムを発表、最先端のHIPHOPサウンドと女性詩人を含む個性派3MCの融合が好評を博し、ナチュラルハイ、APバンクフェスなど精力的なライブ活動も行っている。
http://www.kaztake.com

f0024665_3595263.jpg高木和弘
フランス国立リヨン高等音楽院を首席卒業。南メソディスト大学、シカゴ芸術大学に学ぶ。これまでに森悠子氏、E・ウルフソン氏に師事。97年エリザベート王妃国際音楽コンクール入賞、98年ジュネーブ国際音楽コンクール第3位(1位なし)。 2001年フィショッフ室内楽コンクール第1位受賞。2005年度文化庁芸術祭新人賞、大阪文化祭賞大賞受賞。2007年度第19回ミュージック・ペンクラブ音楽賞オーディオ部門録音作品賞を受賞。ドイツヴュルテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団の第1コンサートマスター、大阪センチュリー交響楽団首席客演コンサートマスターを経て現在、東京交響楽団コンサートマスター、山形交響楽団特別首席コンサートマスター。長岡京室内アンサンブル、いずみシンフォニエッタ大阪、Eusia弦楽四重奏団の各メンバーとしても活躍中。http://www.kazuhirotakagi.com

---------------------------------------------------------
11/16(日)
FLY N'SPIN RECORDS presents
タケウチカズタケ 『UNDER THE WILLOW -ICHIGO-』先行リリース・パーティー
【LIVE&TALK】
OPEN:18:30 start:19:00
ゲスト:小林大吾、ALI-KICK(Romancrew)、高木和弘(ヴァイオリン:A Hundred Birds、東京交響楽団コンサートマスター、山形交響楽団特別首席コンサートマスター)
料金:2500円(CD付、もちろんUTW-ICHIGO)
会場:渋谷・Flying Books
予約:店頭、電話、メールにて予約受付中。
詳しくはこちら
A Hundred BirdsやSUIKAのキーボーディスト/プロデューサー、タケウチカズタケ初のソロ作品として、ウーリッツァー(エレピ)サウンドを軸に2008年1月にリリースされ話題となったHIPHOPインストアルバム「UNDER THE WILLOW 」の第2弾「UNDER THE WILLOW -ICHIGO」が早くも登場!
ファンキー・チューンから珠玉のバラードまで、前作にも増してよりソウルフルなトラックの上を饒舌に歌い・ラップするかの如くピアノが跳ね回る、愛すべきピアノ・インストゥルメンタル8篇が詰まったクロい痛快作!

12月3日の発売に先駆け、製品版のCDを先行で入場の方全員に差し上げます!

そして多彩な豪華ゲスト陣が集結!
ハウス・オーケストラA Hundred Birdsのメイン・ヴァイオリニスト高木和弘さん(東京交響楽団コンサートマスター、山形交響楽団特別首席コンサートマスター)のゲスト出演が決定!
今回もビートやアートワークでフル稼働の盟友・小林大吾、ROMANCREWのALI-KICKがゲスト出演!
「UNDER THE WILLOW -ICHIGO-」はこちらで試聴できます。
----------------------------------------------------------
[PR]
# by flying-books | 2008-11-04 00:35 | EVENT@FB

ヤバイ!目が離せない、自然が主役のサイケ映像!

f0024665_230363.jpgグラフィックデザイナーの宮川一郎さんの展覧会にお邪魔してきました。
Flying Booksの常連でもある宮川さんは面白いモノを探したり、作ったりするのに夢中な少年(1947年生まれなのに!)のような魅力的な人で、今回は東北や京都・奈良の自然や街の風景をコンピューターに取り込み、モンタージュしていく映像作品を公開しています。
宮川さんならではのスピリチュアルな審美眼に見い出された風景や建物が、リアルタイムに組み合わされ、遊び心に満ちた新たな芸術として創作されていく様は一度目を合わせたら最後、目がはなせなくなってしまいます。特にレセプションのパーティー会場では建物全体をスクリーンにしてしまう大技で、ハロウィンの夜を幻想的に飾ってくれました。これはヤバかった!!
今回の展示は11月3日までですが、来年1月9日~2月1日には原宿でより大掛かりな個展が行われるそうで、今から楽しみです!

f0024665_2273491.jpg :)UH-HUH(:
ICHIRO MIYAGAWA EXHIBITION

(こちらのリンクからムービーが見られます!)
10/31-11/3
(11:00-20:00)
at 北山創造研究所
Energy Link
港区西麻布1-9-7
TEL:03-3404-8491





f0024665_2434176.jpgこの宮川さんと編集の森永博志さんが手掛けた絶景写真集『TRIP to the UNIVERSE 森羅』。撮影はiPod、iPhoneのイヤフォンを製造するフォスター電機の相談役でもある篠原弘明氏。70~80歳の間に行われた全中国撮影旅行の全記録を、日中合同のプロジェクトチームで世界に誇りうる写真集に仕立て上げたもの。思わずため息が漏れる絶景の合間に、随所にアートディレクションを手掛けた宮川さんの遊び心が覗いてます。Flying Booksはもちろん、六本木ヒルズのTSUTAYAでも入手可能です。是非お手にとって見て下さい。(5,250円)
[PR]
# by flying-books | 2008-11-02 00:41 | ART

美味しい「ICHIGO」が出来ました!

f0024665_19543873.jpgFlying Booksの音楽レーベルFLY N’ SPIN RECORDSが贈る今年ラストの作品は、SUIKAやA Hundred Birdsのプロデューサー、キーボーディストのタケウチカズタケのピアノ・ソロ第2弾。
1月にソロ・デビュー盤を出したばかりですが、今回はROMANCREWのALI-KICKや小林大吾らをゲスト迎え、さらにメロウかつソウルフルに仕上がりました!
パソコンモニターではわかりづらいですが、ジャケットもただのピンク色ではないんです。小林大吾君によるデザインも、更に円熟味を増していますので、ぜひ実物を手に取ってもらえたらと思います。
タケウチカズタケ「UNDER THE WILLOW -ICHIGO-」は12月3日に全国発売(今回も1680円!)です。
それまではこちらでの試聴をお楽しみ下さい!

f0024665_19553926.jpgタケウチカズタケ 2nd Album 「UNDER THE WILLOW -ICHIGO-」*2008年12月3日発売 FNSR-009 ¥1,680(税込)

「そのピアノ、中に何が入ってるんですか?」
A Hundred BirdsやSUIKAのキーボーディスト/プロデューサー、タケウチカズタケ初のソロ作品として、ウーリッツァー(エレピ)サウンドを軸に2008年1月にリリースされ話題となった
HIPHOPインストアルバム「UNDER THE WILLOW 」の第2弾「UNDER THE WILLOW -ICHIGO」が早くも登場!
ファンキー・チューンから珠玉のバラードまで、前作にも増してよりソウルフルなトラックの上を
饒舌に歌い・ラップするかの如くピアノが跳ね回る、愛すべきピアノ・インストゥルメンタル8篇が詰まったクロい痛快作!
参加ゲスト:ALI-KICK(Romancrew)、小林大吾、高橋結子(SUIKA)


01.Barbara Rh.
02.Natalie Po.
03.Dan Re. feat. ALI-KICK
04.sounds like a love song
05.Eva Me.
06.Megan Fo.
07.Renne Fr.
08.Sofia Mi.



もちろん、Flying Booksでの先行リリースパーティーもやります!
11月16日に小林大吾をゲストに迎えてのライブです。今回も発売に先駆けご来場の方にもれなく新作CDを差し上げます!
今回もタケウチカズタケと小林大吾のエクスクルーシブ・セッションが見られるか!?
――――――――――――――――――――――
11月16日(日)
FLY N'SPIN RECORDS presents
タケウチカズタケ 『UNDER THE WILLOW -ICHIGO-』
先行リリース・パーティー!

【ライブ】
出演:タケウチカズタケ(キーボード:SUIKA/A Hundered Birds/ D.I.T.A.) *ゲスト出演:小林大吾
OPEN:18:30 start:19:00
料金:2500円(CD付)
Flying Booksにて店頭、メール、電話にて予約受付中(50名様限定)
*詳細はこちらから 
――――――――――――――――――――――

こちらのムービーは前作のライブでのセッションです。

小林大吾の「饗宴 eureka」withタケウチカズタケ(キーボード)、高橋結子(パーカッション:SUIKA)、DJ SHUN(ターンテーブル:元・降神)、山口隆志(ギター)

11月16日(日)のイベント、12月3日(水)の発売をお楽しみに!!
[PR]
# by flying-books | 2008-10-27 19:58 | EVENT@FB

今年も神戸からcatたちが帰ってきた!

2004年、2005年の12月にFlying Booksで行われた「路地裏ブロードウェイ 猫の一人芝居<ひとりカフェCats>」が今年も帰ってきました!
明日18日(土)、19日(日)の二日間、乃木坂のコレドシアターです。
直前ですみませんが、フライヤーとインフォは以下!
f0024665_23281676.jpg

catscatscatscatscatscatscatscatscatscatscatscatscatscatscatscats
mic info.......
<今年もいよいよ始まります!>

micの一人芝居情報「猫の路地裏ブロードウェイ」
~召しませ、ビタースウィ~トな人生メニュウ!~

<東京公演>
日時: 2008年10月18日(土)・19日(日)
    18日 開場 17:30 開演 18:30
    19日 開場 13:00 開演 14:00
場所: 「コレドシアター」(東京都港区赤坂9-6-41 乃木坂ビルB1)
http://www.tc-coredo.join-us.jp/
ticket: 前売 2,500円 当日 2800円(1ドリンク制)
 ※前売はCOREDO受付、セブンイレブンにて発売

★予告編をご覧になりたい方はコチラ!
http://www.kazumic.com/

cinemacinemacinemacinemacinemacinemacinemacinemacinemacinema
[PR]
# by flying-books | 2008-10-17 23:30 | OTHER EVENTS

ジャック・ケルアックは女だった?

f0024665_2274996.jpgノースリーブにミニスカート。不機嫌そうな眼差しで肩を組む若い女性が二人。
ん?横にはNeal CassadyとJack Kerouacの名が・・・

これは先日Flying Booksでのイベントにも出演してくれたアーティスト、小林エリカさんが、半年間のアメリカ滞在中に創作した、ケルアックの『オン・ザ・ロード』をテーマにした個展のDMなのです。
小林さんから話は伺っていましたが、まさかドロップアウトの教祖のようなこの二人を女性として描くとは・・・完全にしてやられました。
表参道のギャラリー360°で今月29日(水)まで開かれている「小林エリカ:US」展は写真家ホンマタカシ氏によるbetween the books projectの第一弾とのこと。
ケルアック好きならニヤリとしてしまう作品がまだ他にもありますので、是非足を運んでいただけたらと思います。


また、今週月曜にはアメリカの老舗雑誌『NEW YORKER』の記者でゲーリー・スナイダーについて取材来日中のDana Goodyearさん(WEBも必見!)たちが来店されました。

f0024665_2255155.jpg最新の『NEW YORKER』20 october 2008号ではDanaさんの下記の記事が読めます。
(日本でも海外雑誌を取り扱っている大手書店で来週頭には購入できるかと思います)
「Zen Master Gary Snyder’s life in poetry.」
「Campaign ’08 Abroad Japanese fans of Obama and Palin.」

ゲーリーの詩「Mu Ch’i’s」は同誌のホームページでも読むことが可能です。

『NEW YORKER』のブログではFlying Booksも紹介されました!
身に余るお言葉をいただき光栄です。


半世紀前の作品にもかかわらず、最近は小林エリカさんやモデル/女優の太田莉菜さんなど若い女性の間でもケルアックが読まれているのが興味深いです。
しかし今の文学で半世紀後も書店に残っているものがどれだけあるでしょうか・・・
[PR]
# by flying-books | 2008-10-15 19:59 | Beats

明日、カタリココ!!

f0024665_12505349.jpg2005年に惜しまれつつも閉店してしまった神保町の某雑誌専門古書店さんから引き取ったファッション誌など、これまでずっと倉庫に保管していた洋雑誌を1階店頭に出し始めました。
あまりに大量なので、少しずつだしておりますが、『ELLE』や『CASA VOGUE』などを中心に安いものは200円~あります。また一部100円バーゲンで店先のコーナーにも出てます。切り抜いて好きな広告だけ取っておいてもお買い得ですよ!!
近々、少し前の「PURPLE JOURNAL」「CRASH」「NEO2」なども出る予定です!


また明日の日曜日(10月5日)は大竹昭子さんとECDさんを迎えての対談と朗読「カタリココ」です。
日本のヒップポップシーンをリードしてきたECDさんは、著作『失点・イン・ザ・パーク』と 『ECDIARY』からのリーディングに加え、自身の楽曲のアカペラ、まだサミュエル・ベケットの朗読の披露もあるようです!!演劇キャリアもあるECDさんならではのパフォーマンスになることでしょう!!
大竹昭子さんんもストリートの視点から書かれた『アスファルトの犬』からの朗読を披露して下さる予定です!
18時半OPEN、19時スタートで、当日券の発行も予定しております。是非遊びにいらして下さい!!
詳細はこちらから!
[PR]
# by flying-books | 2008-10-04 12:52 | EVENT@FB

ECD、初の朗読! on カタリココ

10月5日(日)に大御所ラッパー/ライターのECDさんを迎える朗読&対談のイベント「カタリココ」の予約受付をスタートしました!
ECDさんご自身、「朗読」は初とのことです。来週打ち合わせがありますので、その後更なる詳細をお知らせします。乞うご期待!!
(今回のフライヤーデザインは詩人・デザイナーの小林大吾君!)

f0024665_17504373.jpg10月5日(日)
「カタリココ feat.ECD」
【対談、朗読】
出演:大竹昭子(ナビゲーター) 、ECD
OPEN:18:30 start19:00
料金:1500円
会場:渋谷・Flying Books
TEL、MAIL、店頭にて予約受付中!(限定50名様)



時にバックトラックに載った音楽として、時に活字として。
ストリートから発せられる表現には唯一無二のリアリティがある。
86年にNYのグループ、RUN D.M.C.の公演を見て衝撃を受け、以降日本のヒップホップ・シーンを黎明期から第一線で引っ張ってきたラッパーのECDさんと、80年代初頭NYでヒップホップの誕生に触れた大竹昭子さん。
「言葉の意味と音」をメイン・テーマに「ストリートの表現」について語っていただきます。


f0024665_188195.jpgGUEST:ECD(a.k.a.石田義則)
1960年生まれ。87年にラッパーとして活動開始、96年の伝説的イベント「さんピンCAMP」のプロデュースなど日本のヒップホップ・シーンを常に最前線で引っ張ってきた。03年以降は自身のレーベルから音楽作品を発表中。著書に『ECDIARY』『いるべき場所』などがあり、アル中からの帰還を描いた自伝的小説『失点・イン・ザ・パーク』(05年)が話題を呼んだ。http://www.finaljunky.com/

*ECDさんと奥様の写真による連載「WE ARE ECD+1」
ここを読むとECDさんがいかにピュアな人かがわかる、家族愛に満ちたコラム。

*京都と下北の個性派レコ店JET SETさんの連作「失われたWANT LIST 」
うーん、ディープです。Flying Booksイベントの常連さいとういんこさんのシンガー時代の作品も出てます。探してみてください。


f0024665_1874672.jpg*休刊となってしまう『論座』10月号の座談会「路上の批評性」も興味深く、カタリココでの対談にもつながりそうなディープな内容でした。



昨年、スイッチ・パブリッシングのカフェではじめたトークと朗読の会「カタリココ」は、今年は渋谷・吉祥寺・茅場町の古書店を会場にしてつづけています。
本のある場所で、本に囲まれて過ごす、とっておきの2時間。
後半も多彩なゲストをお招きしてお待ちしています。
どうぞお近くの(または遠くの)カタリココに足をお運びください。

(ナビゲーター大竹昭子)

大竹昭子・プロフィール
1979年から81年までニューヨークに滞在、文筆活動をはじめる。
ドキュメント、エッセイ、小説、写真評論と超ジャンルで執筆し、朗読にも力を注ぐ。
『アスファルトの犬』『眼の狩人』『図鑑少年』『きみのいる生活』など著書多数。
最新刊は自身がセレクトした写真100点に短文をつけた『この写真がすごい2008』。
雑誌「真夜中」で90年代以降に登場した写真家のドキュメント「眼のエイリアンズ」を連載中。
[PR]
# by flying-books | 2008-09-20 18:14

特選SALE中!

特選で下記の本をどれでも9990円でセールしてます!
(通常は20000~円の本です)
どれも一点限り、早い者勝ちです!
f0024665_1459134.jpg
・VISIONAIRE 22 CHIC
 限定5000部 1997
・VISIONAIRE 25 VISIONARY
 限定5000部 1998
・VISIONAIRE 26 FANTASY  
 限定6000部 1998
・LaChapelle Land
 David Lachapelle
 横尾忠則装丁 初版 NO入 1996
・AN AUTOBIOGRAPHY(ドイツ版)Richard Avedon 函 ドイツ語解説 1993
・Robert Mapplethorpe  初版 函 NYランダムハウス 1992

あと、いつもお世話になっているNYのフォトグラファー、たかはしじゅんいちさんと人形作家、伽羅さんのコラボ写真集「人形見」を入荷してました。限定で二人の署名入。あと残りわずかです!
f0024665_15132310.jpg「人形見」(2008年)
たかはしじゅんいち/伽羅
5250円/木耳社(両者署名入)
人形作家・伽羅によって魂を吹き込まれ、NYのファッション写真家が捉えた幻想世界の住人たちは息遣いまで聞こえてくるかのようです。


今秋に約3年ぶりのカタログを発行予定です!現在、必死の編集作業中!
店頭に出ていないレアものも多数でますので、乞うご期待!!
[PR]
# by flying-books | 2008-08-28 15:17 | BOOKS

4年ぶり、さいとういんこさんたちによるポエトリー・リーディング

渋谷・東急東横店での古本市を終え、ほっとしたと思ったら、
秋の訪れのような肌寒さ・・・夏を取り逃してしまったようです・・・。

次週、8月31日(日)に詩人のカワグチタケシさん、小森武史さん主催によるポエトリー・リーディング「TAMBOURINE KANGAROO REVIEW」を催します。
ゲストはカワグチさんと共に、Flying Booksの出版部門とも言えるSPLASH WORDSから詩集を刊行しているさいとういんこさんと、イシダユーリさん。
さいとうさんは出産を経て、実に4年ぶりのFlying BooKsでのリーディングになります。
夏休みの宿題のない方、既に終わらせた方は是非遊びにいらして下さい!
f0024665_21594122.jpg------------------------
8月31日(日)
「TAMBOURINE KANGAROO REVIEW」
【ポエトリー・リーディング】
出演:さいとういんこ、イシダユーリ、カワグチタケシ、小森岳史
OPEN:18:30 start19:00
料金:1500円(1ドリンク付)
会場:渋谷・Flying Books
予約受付中!
---------------------------

先日、小林エリカさんをゲストに迎え好評だった「カタリココ」の次回のゲストが決定!
ジャパニーズ・ヒップホップ・シーンの重鎮にして、小説『失点・イン・ザ・パーク』等の著書を持つECDさん。
音楽レーベルを持つ古書店ならではのブッキングとなりました。
9月8日から予約を受付けます!
---------------------------------------------------------
10月5日(日)
「カタリココ feat.ECD」
【対談、朗読】
出演:大竹昭子(ナビゲーター)、ECD
詳細は近日発表
OPEN:18:30 start19:00
料金:1500円
会場:渋谷・Flying Books

9月8日(月)正午予約開始(店頭、電話、メールにて。)
---------------------------------------------------------


9月6日(土)には、お馴染みヒップホップバンド「SUIKA」主催のイベント「スイカ夜話」が青山のライブハウス「月見ル君想フ」であります。
ボーダーレスなゲストたちとともに新境地のライブとなる予定です!
---------------------------
SUIKA presents 「スイカ夜話」~第12夜~
2008年9月6日(土)
@AOYAMA月見ル君想フ
http://www.moonromantic.com/
open 18:30 / start 19:00
前売¥2,500 / 当日¥3,000(+drink ¥500)
≪HOST≫SUIKA
≪GUEST≫STERUSS、Hanah
http://www.suikaweb.com/
------------------------------
[PR]
# by flying-books | 2008-08-23 22:03 | EVENT@FB

Flying Books初の展示会スタート!

19日(土)のトークショウに先駆けて小林エリカさんの最新のドローイングやコラージュ等の展示「わたしとエミリー」をスタートしました!
渋谷の街にオープンして5年ちょっとで初の展示です。
内容はというと・・・

先日のアメリカへの旅の中で、詩人、エミリー・ディキンソンの住んでいた家を訪ねたエピソードを基にした一連の作品群です。

f0024665_1561256.jpg作品No.1「エミリー・ディキンソンを探して」:エミリー・ディンキンソンの肖像と自身の近影をドローイングとアンティークのレース他のコラージュ。
添えられたディキンソンの詩が素敵です。真実を語るのに、多くの言葉はいらないのですね。


   愛があるとしたら
   一時間は長すぎます

    それを待つのに

   愛が私のものだとしたら
   永遠は短すぎます

    それをもつのに



f0024665_1564976.jpg作品No.2「エミリー家の地図」 と著作群。
入手困難な伝説的フリーペーパー「KRASH」のバックナンバーも揃えました。
これまでの小林エリカさんの連載が閲覧できます。



f0024665_1571171.jpg作品No.4「エミリーの窓」:ディキンソンの家の窓を描いたドローイングは写真と絶版詩集とともに。



写真が見えづらくてスミマセン。
作品はもう数点展示されます。
これらの一部は19日のイベント当日に限定で販売されるブックの原画にもなってます。

また、イベントのナビゲーターの大竹昭子さんから新たな紹介文が届きましたので、掲載します!
(イベントの詳細はこちら
===================
今回のカタリココは小林エリカさんをお迎えします。
小説を書き、コミックやドローイング作品を手がけ、映像作品も作るなど、ジャンルを超えて表現するとても魅力的なアーチストです。

小林さんは昨年から今年の春まで、日米交換プログラムで渡米し、ニューヨークで創作活動をおこなってきました。
滞在中、車で大陸横断するなど、キュートでガーリーな雰囲気からは想像できない骨太なところがあります。
むこうでなにを見て、なにを感じてきたのか、まずはオン・ザ・ロードばりの旅ついて話ていただきます。
私自身、ニューヨークに暮らしていた時期があるので、とても興味をもってます。

また小林さんは9.11をきっかけに、空爆のあった日に人の家々を泊まり歩いて夢日記をつけるというプロジェクトを133日間つづけました。
その結果は『空爆の日に会いましょう』(マガジンハウス)にまとめられています。
朗読コーナではそれを読んでいただき、どうしてそのようなことを思いついたのか、世界にコミットしようとする彼女の思いを探ります。

大陸横断も、人の家を泊まり歩くのも、スケールはちがえども、旅にはまちがいありません。
自分の居場所を離れることで、感覚が研ぎ澄まされ、思考が刺激される、そんな旅の本質を表現と結びつけていこうとする小林さんの活動に、とても共感します。
ドローイングを展示したり、ドローイングで構成した映像作品を上映したり、とてもたのしみな夜になりそうです。
ぜひ、みなさままのご参加をお待ちしています。

===================
ご予約等、詳細はこちら
[PR]
# by flying-books | 2008-07-12 02:07 | EVENT@FB