<   2006年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

寺山修司、幻の映画

「これは大都会の片隅の公衆便所を中心とした悪の詩集です。」
表紙に鉛筆書きでこう記された原稿用紙7枚ほどの企画書があります。寺山修司がグレタ・ガルボら出演の名作映画「グランドホテル」の公衆便所版と位置づけた映画「トイレット」は、何らかの理由で制作されなかった幻の作品。ジャン・コクトーは同様にポエジーとして数々の美しい映画を撮ってきましたが、こちらは誰もが日々利用する生活空間を通して、よりラディカルかつユーモアに現代社会の暗部をえぐり出そうとしていたようです。
f0024665_240471.jpgまた寺山は企画意図として、こう綴ってます。
「現代人の孤立は、必ずしも政治的救済のみによって解消されるとは思われません。だれもが『はなしかける』相手を必要としていて、その媒介手段として性の問題が論議されています。
この作品ではコミュニケーションの風俗と欲望の飢餓状況を、日常的な現実と空想的な現実との交差する時点でとらえ、『トイレット』をめぐるいくつかのエピソードを通して、現代人の内なる時代閉塞の打開に向おうとするものです。(中略) 同性愛の問題、スカトロジー(糞便学)の問題(ラブレーの「ガルガンチュア」のようにユーモラスな扱いとして)政治の問題、好奇心の問題、落書の問題、変装癖、手淫、タブーとされてきたさまざまのモチーフを、詩的に処理しながら折りこみ、現代人の深層部をえぐりだしたいというのが狙いです。」
書かれたのは70年代前半~半ばと思われますが、アンダーグラウンドの底辺から虎視眈々と世間を驚かそうとしていた詩人の視点は死しても今なおその鋭さを失っていないように思えます。
新宿二丁目の公衆便所を舞台とし、男娼の便所掃除夫、「ゴッホ」という名の落書き魔、ロシア革命史を読むために便所にこもる者等が繰り広げるというこのストーリーが、もし実際に制作されていれば、寺山修司監督・脚本、加納典明ほか撮影、片山健美術、J.A.シーザー音楽らくせ者揃いのスタッフの下、天井桟敷はもちろん、丸山(美輪)明宏、麿赤児、萩原朔美等豪華メンバーの出演で行われるとのことでした。
この寺山修司肉筆企画書はゴールデンウィーク(4/27~5/9)にFlying Booksが出店する東急百貨店のイベントで展示・販売予定です。(鉛筆書・400字詰寺山専用原稿用紙7枚・¥420,000)

f0024665_2385987.jpg荒木経惟らが1971年に結成した「複写集団ゲリバラ5」の第一弾、高瀬芳夫による便所の写真のみで構成され、限定1000部で発行された幻の写真集『便所』(1973年・¥73,500)。企画書の中で寺山はこの写真集についても触れている。
[PR]
by flying-books | 2006-04-21 23:48 | BOOKS

スケーターの聖地巡礼と奇跡の一冊(Flying Buzz vol.1より)

最近はGWでの東急百貨店本店でのイベント準備や、カルチャースクールの講座用のテキストを作りをしてます。一方仕入も好調で、海外雑誌のバックナンバーや写真集など続々入荷中です。
そして来週末にはFlying Buzzの第二号も発行予定です。
今日は一号からもう一つのエッセイを掲載します。

------------以下、Flying Buzz vol.1より------------

 2月に訪れた一年半ぶりのロサンゼルス。この街ではずせないのが、ベニス・ビーチにあるギャラリー併設ブックショップ「Equator Books」とスケート&サーフボードの殿堂「Board Gallery」だ。この界隈は現代のエクストリーム・スポーツの基礎を作ったとも言える伝説のスケートボード・チーム「Z-BOYS」の本拠地、かつて「DOGTOWN」と言われた場所でもある。
f0024665_1524160.jpg 70年代半ば、ストリートから生みだされた「Z-BOYS」の独創的かつ攻撃的な滑りは、それまでのスケートボーディングの概念を一気に塗り替え、トニー・アルヴァやステイシー・ペラルタなど、後に映画界等でも引っ張りだことなるスターを生み出した。各種大会を総なめにし、爆発的なスケートボード・ブームを引き起こしただけではなく、干ばつを機に空っぽのプールで始めた彼らの新しい滑りは、現在のハーフパイプ競技の基ともなった。それまでボードで空中を滑ることなど誰にも考えつかなかったことで、現在のスノーボード競技も彼らの想像力に満ちた遊び心なしでは実在し得なかったことになる。
 この「board gallery」はZ-BOYSと同じ頃から活躍し、大会チャンピオンにもなったレジェンド・スケーター、レイ・フローレスが経営する店で、店内の壁は70年代当時のヴィンテージから、最新のデザインものまでびっしりとスケートボードで埋め尽くされ、まさにギャラリーの様相だ。この壁を拝むだけでも足を運ぶ価値はある。
f0024665_1521317.jpg
 そして今回のロス滞在の目的であるブック・フェアで出会った奇跡の一冊がこれ。「Z-BOYS」オリジナル・メンバーの12人全員のサインに加え、チームの本拠だったボードショップ「ZEPHYR」の共同オーナーであり、チームの仕掛け人だったジェフ・ホー、スキップ・イングラム、クレッグ・ステシック、カメラマンのフリードマン全員のサインが入った写真集「Dogtown: The Legend of the Z-Boys」。限定80部で、シリアルナンバーと刻印、メンバーの一人、ネイサン・プラットによる鑑定書が付いている。メンバーたちは今だスケーターやサーファーの者もいるが、実業家や、環境活動家になっていたり、刑務所に居る者もいて、全員のサインが揃うことはもはや現実的に不可能。まさに奇跡の本だ。
 「Z-BOYS」に関して知りたい人は、2002年に中心メンバーであるペラルタによって撮られたドキュメンタリー「Dogtown&Z-Boys」のDVDや、昨年末から今年1月にかけて劇場公開された「ロード・オブ・ドッグタウン」がおすすめ。特に後者は、70年代半ば、華やかなイメージの強いロサンゼルスの暗部で花開いたユース・カルチャーを描いた青春映画として、スケートボードに興味がなくても十分楽しめる作品だ。
 最近のロスのスケーター・シーンを牽引しているのは一昨年、フェアファックス・アヴェニューにオープンした「Supreme」。日本でも人気のスケートボードブランド/セレクトショップ。ここはなんと店内にプールを模した木造のスケートランプがあり、店員はもちろん、幅広い年齢層のスケーターたちが轟音を轟かせ腕に磨きをかけている。店員に断れば見学もさせてもらえるようなので、間近でアクロバティックな妙技に見入るのもいいだろう。
 残念ながら2月から営業時間を変更した「Equator Books」には今回は行けずじまい。ちょうどスペースもいっぱいになったので、こちらに関してはまたそのうちに。

Board Gallery:1639 Abbot Kinney Blvd Venice, CA 90291
Tel: 310-450-4114 http://www.theboardgallery.com
Supreme Store:439 N. Fairfax Ave., Los Angeles; Tel:323-655-6205.
[PR]
by flying-books | 2006-04-14 23:55 | Flying Buzz

Japanese Beatnik: The Tribe (Flying Buzz vol.1より)

先日紹介した長沢哲夫さんらが60年代に行っていた活動「部族」についての記事を転載します。

------------以下、Flying Buzz vol.1より------------

 1950年代にアメリカで起った文学を中心としたビート・ジェネレーション。現在に至るまで文学のみならず、音楽や映画まで幅広く影響を与えたカウンター・カルチャー(体制への対抗文化)のムーブメントです。Flying Booksはフリーペーパー「impact」のメンバーと2年ほど前から、日米のビート・ジェネレーションのビブリオグラフィ(書誌:本のデータ集)の作成を手がけてます。ここでは毎回そのビブリオグラフィからトピックをセレクトし紹介していきます。第一回はFlying Books兄弟分のインディーズ出版「SPLASH WORDS」からこの春に3冊目の詩集を出版予定のナーガこと、長沢哲夫さんらが60年代後半に始めた日本のビート・ムーブメントとも言える「部族」について!


 会社を辞めた99年の暮、街で偶然見かけたフライヤーを頼りに足を運んだのが当時77歳の詩人ななおさかきと山尾三省さんのポエトリー・リーディング。自分の信念にしたがって道を歩んできた二人の力強さに満ち溢れた言葉に一気に引きこまれた。その翌秋、ビート・ジェネレーションの作家たちに多大な影響を与え、環境保護活動等によりピューリッツァー賞を受賞した詩人ゲーリー・スナイダーの来日を機に、かつてゲーリーが日本で過ごした時の仲間たちが一堂に会すポエトリー・リーディングが催され、そのお手伝いをしたことから、ななおさかき、山尾三省、長沢哲夫(ナーガ)、内田ボブら、「部族」のメンバーとの交流が始まった。
f0024665_0235914.jpg 「部族」の活動を簡単に紹介すると、60年代後半、当時の文化の中心だった新宿の喫茶店や中央線沿線でミニコミ誌などの活動を通じて出会い、「部族」を結成。長野県・八ヶ岳、東京・国分寺、鹿児島トカラ列島・諏訪瀬島の3箇所を中心に、既成の価値観に縛られないコミューン(共同体)活動を実践した。67年末に声明文とも言える「部族宣言」を掲載した『部族新聞』を創刊、翌68年に第二号を発行した。(コストを下げるために少ない色数で、いかに華やかな誌面を作るか工夫されたサイケデリック新聞は、中心メンバーだったPONこと山田塊也のアートワークが冴え、印刷デザインとしても注目に値する傑作となった。原案ともなったアメリカの「サンフランスシコ・オラクル」等は現在高額のプレミアがついている。)
その後、独身者が中心に集まったコミューンから家族が誕生し、家族生活と共同体活動との両立の難しさから、コミューンは解散していくこととなったが、諏訪瀬島や屋久島の白川村などは今もその流れの中にあり、旅人をオープンに迎え入れてくれる。
f0024665_0264028.jpg 彼らが何故かっこいいかと言うと、既成の価値観からドロップアウトし、自分の視点で、自分が納得できるような生活を実践しているところ。これは情報に流されがちな都会では本当に難しいことだ。時として、都会で生まれ育った者には、豊かな自然の中で生まれ、都会の生活を知らない人のエコロジー発言に説得力を見出すのが難しいこともある。しかし、東京の中心で生まれたにもかかわらず、30年以上漁師と詩作を両立している諏訪瀬島のナーガさんや、2001年夏に亡くなられるまで、屋久島で百姓・詩人として情報発信をしてきた山尾三省さんの言葉には力強いリアリティが感じられるのだ。
 この春、めでたく10周年を迎えるナーガさんと内田ボブさんの恒例のツアーに合せ、SPLASH WORDSから新作「きらびやかな死」と、すでに品切れとなってしまった「つまづく地球」に英訳詩を付した第二版を同時に刊行することとなった。ひとりでも多くの人にナーガさんの言葉を届けるきっかけになれればと思う。

f0024665_0233598.jpg 最後に『部族新聞』一号より部族宣言の冒頭を紹介したい。「ぼくらは宣言しよう。この国家社会という殻の内にぼくらは、いまひとつの、国家とはまったく異なった相を支えとした社会を形作りつつある、と。統治するあるいは統治される如何なる個人も機関もない、いや「統治」という言葉すら何の用もなさない社会、土から生まれ土の上に何を建てるわけでもなく、ただ土と共に在り、土に帰ってゆく社会、魂の呼吸そのものである愛と自由と知恵によるひとりひとりの結びつきが支えている社会 - ぼくらは部族社会と呼ぶ。」(1967年12月発行「部族新聞」一号より)
[PR]
by flying-books | 2006-04-08 23:58 | Flying Buzz

ナーガさん新作「きらびやかな死」出版記念リーディング

Flying Books以前から作詞家・詩人のさいとういんこさんと運営しているインディーズ出版ユニットSPLASH WRODSから長沢哲夫(ナーガ)さんの新作「きらびやかな死」をリリースします。そして発売記念のリーディング・イベントをFlying Booksで行います。

東京・新宿に生まれのナーガさんは早くから詩の世界で認められ、20歳そこそこで「新宿のランボー」と呼ばれ、文芸誌で澁澤龍彦さんらと肩を並べていました。
その後60年代末、既存の価値観からドロップアウトし、自分たちの新しい生き方を創っていくために結成された「部族」というコミューン運動の中心人物となり、鹿児島の南・諏訪瀬島(人口60人弱)に移り、以来コミューンが解散した今でも、ほぼ自給自足の生活を続け、漁師で詩人という生活を続けてます。
ナーガさんの詩には自然の中から降ってきた言葉が詰まっており、時に大きなスケールで人をやさしく包み込み、時に人を諫めるようにきびしい顔を見せる自然のど真中で生活を続けた人ならではのリアリティに満ちてます。
ただ自然の言葉というだけでなく、新宿で生まれ育ったナーガさんの言葉だからこそ、都会に住む僕たちの心にも届き安いのではないかと思います。
詩集で読むのもいいですが、その低く深い声で読まれる生のリーディングはまた違った良さがあり、年に一度、漁が休みのこのシーズンしか聞けないので、是非興味がある方、詩の好きな方はいらして下さい。


f0024665_3481158.jpg「きらびやかな死」・・・31篇の詩に加え、新たに俳句形式の作品も17点収録。(500円)
4月16日(日) OPEN:18:30 start:19:00 
長沢哲夫新作詩集「きらびやかな死」出版記念
「Beat Goes On vol.7 ~ 春風めぐる」
出演:長沢哲夫、内田ボブ
料金:1500円(詩集「きらびやかな死」+1ドリンク付)
場所:Flying Books(http://www.flying-books.com)
渋谷区道玄坂1-6-3 渋谷古書センター2F 
(tel)03-3461-1254

f0024665_3482626.jpgまた今回、品切れとなっていた「つまづく地球」の第二版も作りました。ゲーリー・スナイダーの書き下ろし序文(英・日二カ国語収録)があるせいか、海外からのオーダーも多く、今回は新たに英訳詩16篇(書き下ろし1篇)を収録し、少し豪華になりました。(価格は変わらず500円です)
Flying Booksの店頭にはもう出てますが、これから春にかけて取り扱い店が増えていくと思います。
ご希望の方は通販もしてますので、直接メール下さい。
splashwords@flying-books.com
[PR]
by flying-books | 2006-04-06 23:44 | EVENT@FB