カテゴリ:EVENT@FB( 26 )

11月のイベント速報!と、その前にちょっと告知を

まだちょっと気が早いですが11月26日にまた鳥越さやかさん、ロバート・ハリスさん、豊島裕子さんの歌と詩のイベントをやることが決定しました!

Flying Booksのイベントではないのですが、鳥越さやかさんは10月7日に目黒のBLUES ALLEY JAPANでフランス人シャンソン歌手のパトリック・ヌジェさんと、ゲストにお父様の鳥越俊太郎さんを迎えてライブをされるそうです。大迫力の声量を誇る俊太郎さんと、さやかさんの親子デュエットは見ものです。まだチケットも取れるそうなので興味のある方は是非!
(その日はFlying Booksで原田宗典さんの朗読会もありますが・・・)

f0024665_058046.jpg10月7日(土)
「AVEC LE TEMPS ~時の流れに~」
鳥越さやか&パトリック・ヌジェジョイントライブ(スペシャルゲスト:鳥越俊太郎)
会場:BLUES ALLEY JAPAN
OPEN18:00 前半19:30~20:30 後半21:15~22:30
前売券(テーブル・自由席)5,250円
予約はこちらもしくは03-5740-6041(BLUES ALLEY JAPAN)

*原田宗典さんの「イノック・アーデン」朗読会@Flying Booksもまだまだ受け付けてます!
今のところ10/7(土),8(日),14(土),21(土),28(土)は確実に座れます!
[PR]
by flying-books | 2006-09-21 01:04 | EVENT@FB

やります!5月ぶりのイベント→原田宗典アワー2006『イノック・アーデン』朗読会

4月以来、Flying Booksでのイベントはお休みしていましたが、約5ヶ月ぶりのイベントを10月に開催します。作家の原田宗典さん翻訳による18世紀のイギリス詩人アルフレッド・テニスンの物語『イノック・アーデン』の朗読会です。オープン以来これまで定休日の日曜日を使ったイベントばかりでしたが、今回は土曜日を中心に月7本やります。バタバタしそうですが、初めての試みにはいつもわくわくさせられます。
f0024665_20422198.jpg
実は夏の初め、関係者中心の公開リハーサルを行いました。リハーサルと言っても、集まったのは版元である岩波書店の編集長や作曲をして下さる野田晴彦さん等、関係者を中心に約30名!もうりっぱな朗読会です。
f0024665_20445797.jpg原田さんは『イノック・アーデン』の手書き原稿を愛用の机の上で全編朗読して下さいました。もともとテニスンが朗読用に書いた作品を、原田さんご自身声に出して読みながら翻訳したということもあって、物語が耳から流れこむように頭の中に入ってきました。時には幸せに満ち、時には悲しみに打ちひしがれた場面を臨場感たっぷりに読み上げられるのも、演劇との係わりも深い原田さんならではなのかも知れません。何しろ作家の通常の朗読会と思ったら大間違いなのです。
本番までに(演出面で)またいろいろ手が加わるようで、どのように発展していくのか楽しみです。
------------------------------------------------------
原田宗典アワー2006『イノック・アーデン』朗読会
10月6日(金)、7日(土)、8日(日)、14日(土)、21日(土)、28日 (土)
9日(祝)は はらだしき村開村5周年記念(公式サイトからのみ受付)
朗読:原田宗典
『イノック・アーデン』  アルフレッド・テニスン作  原田宗典訳
 10月3日 岩波書店刊  定価1680円(税込)
各回とも20:10開場 20:30開演
料金:1500円(1ドリンク付)  各回50名様限定  (予約推奨)
<予約開始日>
10/6,7,8分 →  9月11日(月)  10/14,21,28分 → 9月18日(月)
イベントの詳細・ご予約はこちらでご確認下さい。
ホームページにて「原田宗典、『イノック・アーデン』を語る」掲載中!
-------------------------------------------------------------------
[PR]
by flying-books | 2006-09-06 20:57 | EVENT@FB

今晩、NHKラジオ「ケータイ短歌」生中継

今晩NHKラジオ、19:20~21:55「土曜の夜はケータイ短歌」の特番で
SUIKA、サムライトループスのラッパー、タカツキ氏と
SSWSの主催である詩人さいとういんこさんがゲストで
なんと自作の短歌を詠みます。
フライング・ブックスからの生中継で、二人の出演は20:30過の予定です。
パーソナリティーは漫画家の魚喃キリコさん、ふかわりょうさん、東野翠れんさん、
歌人の穂村弘さんと、豪華メンバーの番組です。
是非チェックしてみてください。
http://www.nhk.or.jp/tanka/special.html

追記:無事、中継終了しました!
f0024665_6101938.jpg

タカツキ君の作品
わけしらぬ 車の波に 立ち往生 ためいきつけば 空には花火
おとのない おおきなせかい おどろくよう おぼえた手話で おもいをつたえる

さいとういんこさんの作品
空の色 青く塗ったら ほめられた 遠い記憶に 舌打ちをする
そのオトコ やめたほうがと クチはさみたいのこらえて 聞き耳電車
気持って 体の中で 響く鈴 リンリン リンリンリン 毎日うるさい
[PR]
by flying-books | 2006-08-19 16:20 | EVENT@FB

ナーガさん新作「きらびやかな死」出版記念リーディング

Flying Books以前から作詞家・詩人のさいとういんこさんと運営しているインディーズ出版ユニットSPLASH WRODSから長沢哲夫(ナーガ)さんの新作「きらびやかな死」をリリースします。そして発売記念のリーディング・イベントをFlying Booksで行います。

東京・新宿に生まれのナーガさんは早くから詩の世界で認められ、20歳そこそこで「新宿のランボー」と呼ばれ、文芸誌で澁澤龍彦さんらと肩を並べていました。
その後60年代末、既存の価値観からドロップアウトし、自分たちの新しい生き方を創っていくために結成された「部族」というコミューン運動の中心人物となり、鹿児島の南・諏訪瀬島(人口60人弱)に移り、以来コミューンが解散した今でも、ほぼ自給自足の生活を続け、漁師で詩人という生活を続けてます。
ナーガさんの詩には自然の中から降ってきた言葉が詰まっており、時に大きなスケールで人をやさしく包み込み、時に人を諫めるようにきびしい顔を見せる自然のど真中で生活を続けた人ならではのリアリティに満ちてます。
ただ自然の言葉というだけでなく、新宿で生まれ育ったナーガさんの言葉だからこそ、都会に住む僕たちの心にも届き安いのではないかと思います。
詩集で読むのもいいですが、その低く深い声で読まれる生のリーディングはまた違った良さがあり、年に一度、漁が休みのこのシーズンしか聞けないので、是非興味がある方、詩の好きな方はいらして下さい。


f0024665_3481158.jpg「きらびやかな死」・・・31篇の詩に加え、新たに俳句形式の作品も17点収録。(500円)
4月16日(日) OPEN:18:30 start:19:00 
長沢哲夫新作詩集「きらびやかな死」出版記念
「Beat Goes On vol.7 ~ 春風めぐる」
出演:長沢哲夫、内田ボブ
料金:1500円(詩集「きらびやかな死」+1ドリンク付)
場所:Flying Books(http://www.flying-books.com)
渋谷区道玄坂1-6-3 渋谷古書センター2F 
(tel)03-3461-1254

f0024665_3482626.jpgまた今回、品切れとなっていた「つまづく地球」の第二版も作りました。ゲーリー・スナイダーの書き下ろし序文(英・日二カ国語収録)があるせいか、海外からのオーダーも多く、今回は新たに英訳詩16篇(書き下ろし1篇)を収録し、少し豪華になりました。(価格は変わらず500円です)
Flying Booksの店頭にはもう出てますが、これから春にかけて取り扱い店が増えていくと思います。
ご希望の方は通販もしてますので、直接メール下さい。
splashwords@flying-books.com
[PR]
by flying-books | 2006-04-06 23:44 | EVENT@FB

御礼3周年パーティー

3月頭にアメリカ出張から戻ってから、バタバタでしばらく更新が滞りスミマセン。
買付けた本は船便で届くので、店頭に出るまでまだもうちょっと時間がかかりそうです。もうしばらくお待ち下さい。

12日にはFlying Booksの3周年記念パーティーを催させていただきました。
廊下まで溢れるほどの大勢の方にご来店いただき、その上お祝いのお花やお酒、差し入れまでいただいて感謝感激です。来てくださったみなさま、どうもありがとうございました!
当日は来場のみなさんの暖かな気持ちに包まれた空間でミニライブも行われました。
第一部は今年2枚目のアルバムをリリース予定の詩人の小林大吾、初のソロを控えたtotoと、ラッパーのATOMの新曲披露。
一番手小林大吾君は昨年出した1stアルバムからの「ためらい」の後に、ピアノの美しいループに「画家が何のために描くか?」「鶏の書く遺書」等の印象に残るリリックを乗せた新曲、賑やかなブラスのヒップホップトラック(個人的にはゴーストフェイス・キラーのトラックを連想)に乗る「ユリイカ」、の3曲を披露。トラックメイキングも、詩を読むフロウも明らかな進化が感じられ、2ndアルバムへの期待もぐんと高まるパフォーマンスでした。
f0024665_3573130.jpg二番手totoはオルゴールのようなピアノの旋律に「お腹にいる子供の水に浮かんでいる命が夜、光ってみえたらいいのに」という詩を乗せた曲、アンビエントなトラックに「夢がつららのようにつらなる夢」を描いた曲の2曲を披露。もともと母性的な要素の強いリーディングですが、5月に第二子誕生を控え、さらにスケールの大きな包容力を感じさせるパフォーマンスでした。
待望のソロに期待がかかるATOMは、ほのぼのしたトラックに「思ったよりも空はでかいな~♪」と、旅の詩をラップと歌で歌い上げる彼らしい新曲を披露。大人から子供まで幅広く愛される唯一無二のキャラクターに磨きをかけた彼にしか出せないゆるーいヴァイブを放出したパフォーマンスに加え、無理やり定番の名曲「イメージ」をリクエストし、2曲を演奏してもらいました。
レーベル主でありながら、僕自身初めて聴く曲ばかりでしたが、3者3様にリリースへの期待が膨らむすばらしいパフォーマンスでした。
f0024665_357982.jpg第二部では「東京READING PRESS 」の編集長に「一時間ずっと通して演奏を聴いていたい」と言わしめた、ウッドベース・ラッパー、タカツキのパフォーマンスから、そのままSUIKA(事情によりこの日はパーカッションレスの4人編成)のライブ。昨年末リリースの「コインサイド」から「WORLD CALL」、SUIKA初のレコーディング曲「JET SET」を友情に満ちたロング・フリースタイル・バージョンで演奏してくれました。

また近日中に詳細を書きますが、SUIKAは今週土曜に青山の「月見ル君想フ」というライブハウスでtoto産休前ラストとなるライブ「SUIKA夜話」でパフォーマンスをします。しばらくステージを見ることはできなくなりますので、興味のある方は是非この機会をお見逃しなく!
[PR]
by flying-books | 2006-03-13 23:59 | EVENT@FB

立体文学

明日はNY在住(現在は放浪中!?)の作家・翻訳家新元良一さんと、イラストレーターの山崎杉夫さん、ピアニストの杉浦哲郎さんによる立体文学セッション、紙芝居「ここだけ雨が降っている」を開催します。
気付いたら既に8回目。この立体文学がどういうものかと言うと、普通、文学と言うと作家が書斎等にこもって生み出すようなイメージが強いですが、アートや音楽などさまざまな要素を立体的に組み合わせ、観客も一緒になって一つの作品が作られて行く過程を体験しようという試み。毎回、新元さんの得意とする対談をはさみ、フォトグラファーの若木信吾さんや、気象予報士の加藤順子さん、絵本作家のきたむらさとしさん、詩人の谷郁雄さんなど様々なジャンルからのゲストをお迎えしました。今回は新元さんの朗読の師匠でもある浪曲士の玉川美穂子さんをお迎えします。
また小さな書店ならではのお客さんと出演者の距離の近さも魅力で、お客さんとの対話や質問がストーリーに影響を与えることもあり、インタラクティブなイベントなのです。
ストーリーは高校生のすぎお君とピーチちゃん、盲目の詩人の老人高山さんが主人公のファンタジー。全10話になる予定です。
明日は8話と、今回の書き下ろしの9話を公演しますが、初めての方でもお楽しみいただけるようになってますので、是非遊びにいらして下さい!
f0024665_16464056.jpg
1月15日(日)
立体文学セッション vol.8 紙芝居『ここだけ雨が降っている』第8話&第9話
【紙芝居、生演奏、対談】
出演:新元良一(作家・翻訳家)、山崎杉夫(イラストレーター)、杉浦哲郎(ミュージシャン、ピアニスト) ゲスト:玉川美穂子(浪曲師)
OPEN:19:00 start:19:30 料金:1500円(1ドリンク+特製ポストカード付) 
[PR]
by flying-books | 2006-01-14 16:48 | EVENT@FB