カテゴリ:EVENT@FB( 26 )

アンティークブックフェア、SUIKA、ナーガさんなどなど

f0024665_232929.jpg先日のサンフランシスコ・ブックフェア出展の模様を紹介した「BURUTS TRIP VOL.1」 が発売されました!

ブックフェアの模様、ブース紹介、ブックカタログ等充実の8ページ!
加えてゲーリー・スナイダーの写真&インタビュー4P+お奨めブックリスト1Pも!
日本でアメリカのアンティークフェアがここまで紹介されるのは初めてのことかと想います。また、これまでどのメディアにも取り上げられてなかった、古書スポットも紹介してます。是非、書店でご覧になって下さい。


4月13日のイベントは予約を開始して2週ほどで完売となりました。
ご予約いただいた皆様ありがとうございます!
また、残念ながら間に合わなかった方はごめんなさい。
SUIKAのライブは5月10日の「スイカ夜話」@青山・月見ル君想フがおすすめなので、是非チェックして下さい。


f0024665_2315521.jpgSUIKAのNEWアルバム『カッコいい』(←これがタイトルなんです・・・)ただ今工場で制作最終段階です!
音はもちろん、パッケージやブックレットは今回も小林大吾デザインによる力作!
インクの発色や、紙の手触りのまでこだわりました!
また肝心の音はこちらで毎週一曲ずつ試聴曲が増えていく予定です。
まずは「麒麟が太陽を食べる島」を中心としたサンプルMIXから。


f0024665_231409.jpg九州諏訪瀬島の詩人、ナーガこと長沢哲夫さんのリーディングは今年もあります。
新作詩集『虹色の蛇』もほぼ完成。一篇の長さがタイトになり、テンポのいい作品に仕上がりました。(表紙は今回も岸井千さんの書下ろし切絵です)
(近日中にサンプルの作品をUP予定!)
相棒のシンガー内田ボブさんに加え、今年はレーベル・メイトの詩人/シンガー、
さいとういんこさんが3年ぶりのリーディングを披露します。
こちらのイベントはまだ予約受付中です!
---------------------------------------------------
SPLASH WORDS presents
長沢哲夫新作詩集『虹色の蛇』出版記念
「Beat Goes On vol.9 ~ 春風めぐる」
【ポエトリー・リーディング】
出演:長沢哲夫、内田ボブ、さいとういんこ
OPEN:18:30 start:19:00
料金:1500円(詩集「虹色の蛇」+1ドリンク付)


最近は仕入も充実し、古書の在庫も続々と入荷中です!
花見シーズン真っ盛り、代々木や中目黒等、近くにはいいスポットも多いですが、
246号線をはさんだ桜ヶ丘町の坂道がお奨めです。
花見ついでに遊びにいらして下さい!
[PR]
by flying-books | 2008-03-30 01:42 | EVENT@FB

「詩人の春」とSUIKA新作プレゼント

2月下旬に無事、帰国しました!

今回の旅を大雑把に分けると
1:BRUTUS TRIP取材
2:BOOK FAIR出展
3:DAVISでゲーリー・スナイダー、原成吉先生と再会
4:ロサンゼルスでBOOK FAIRや、グラフィティ・アーティストCHAZの自宅訪問
という構成でした。
またもやいろいろなドラマがありましたが、2に関しては3月末発売予定の雑誌『BRUTUS TRIP』でご紹介する予定です。こぼれたエピソードはまた追々。
3のゲーリーに関してはNY在住のライター、佐久間裕美子さんが同じ号の中で別途がっつりインタビューしているので、こちらもお楽しみに。

で、ここの更新が滞っている間にもいろいろなことが着々と進行していて、弊社レーベルのヒップホップ・ユニットSUIKAの新作もほぼ完成。

なんと!3月15日(土)タワー・レコード新宿店での3月15日(土)
タケウチカズタケ×小林大吾のジョイント・インストアライブ (16時~ 入場FREE)
では出来立てのSUIKAの新作『カッコいい』のサンプラーCDRを先着100名様にプレゼントすることになりました!タダでライブも見れて、タダで未発表音源のCDRももらえる大サービスですので、興味のある方は是非、タワー・レコード新宿店の7階に遊びにいらして下さい!
(他に、タケウチカズタケ『UNDER THE WILLOW –panda-』購入者限定のミックスCDRもあります!)

更に翌3月16日にはFlying Books今年初のイベントです。
フランス大使館文化部によるポエトリー・リーディング。
世界的な詩のイベント「詩人の春」の日本バージョンで、フランスの詩人や、中国の詩人の朗読を聴くのははじめてなので楽しみです。

フランス大使館文化部 presents 「詩人の春」特別リーディングイベント
voice / over
L'etranger dans la langue  ~ 言葉のなかで異邦人であること
f0024665_1063637.jpg【ポエトリー・リーディング】
出演:石井辰彦(書肆山田)
田原(集英社)、
Laurent Colomb ローラン・コロン
Corinne Atlan コリン・アトラン

OPEN:17:00 START:17:30

料金:1500円 (1ドリンク付)

会場:Flying Books

更なる詳細はこちら (pdfファイル)

f0024665_10112840.jpg以下、プレスリリースより抜粋

 毎年三月、フランスを中心とした各国において「詩人の春」というイベントがさまざまな場所で行なわれます。2008年度のテーマは、「他者の称賛」です。
在日フランス大使館文化部では、「言葉の中で異邦人であること」をモチーフに詩の朗読会を開催いたします。日本、中国、フランスの現代詩人をお招きし、ご自身の作品をご自身で朗読していただき、それを体験するという試みです。

・連絡先:
フランス大使館 文化部
シルヴァン・サンソン氏
東京都港区南麻布4−11−44
samson.sylvain[a]diplomatie.gouv.fr ([a]を@に差換えて送信してください。)
電話:03−5798−6021
Fax :03−5798−6026
[PR]
by flying-books | 2008-03-06 10:14 | EVENT@FB

今年の計画

新しい年に入ってからすっかり時間が経ってしまいました。
昨年の活動の報告も不十分なままですが、とりあえず今年前半の主な予定です!

f0024665_1404237.jpgまず1月23日本日、タケウチカズタケの1stソロアルバム「UNDER THE WILLOW -panda-」がリリースとなりました。渋谷のタワーレコードさんでは大展開中です。(小林大吾「詩人の刻印」はただ今Hiphop Weekly Chart 2位!)
WEBマガジン「VAGANCE」でも紹介されました!写真がめちゃくちゃかっこいいです。
タケウチ君は
2月8日の昼にSHIBUYA-FMでゲスト生出演、
2月17日に青山のライブハウス「月見ル君思フ」でソロライブを行います。


1月28日発売の雑誌LUIREにちょこっと登場します。モデルのSOPHIAさんは明るく、場を和ませるとても素敵な人でした。


2月9&10日
f0024665_1472356.jpg海外のアンティーク・ブックフェアに初めての出店です。今回はサンフランシスコ。日本どころかアジアから唯一。初めてのことなのでドキドキです。
メジャー・リーグに渡った野茂投手の気持ちがわかる気がします。「この日本のヤツはできるのか?それともはったりか?」って見られるでしょうし、自分の成果次第で日本の古本屋の見られ方が変わってしまうかもしれないのですから。
この模様は春頃に某雑誌で紹介される予定です。詳細は後ほど。


2月9日~3月2日
名古屋一体の書店・古書店を中心とする画期的なイベントBOOKMARK NAGOYA(ブックマークナゴヤ)に参加します。
同期間、名古屋パルコのリブロで開かれる「ふるほんいち」に一棚出店します。
昨秋に講師を勤めさせてもらった古本屋講座の生徒さんたちによるユニット【あいうの本棚】も出店。3人のフレッシュな個性が光る棚を是非覗いて見てください。
3月1日には名古屋・鶴舞のライブハウスKD Japon(KDハポン)で「Flying Books Night」なるものを企画していただいてます。名古屋の素敵なチェコ絵本ショップの山守さんと、YEBISU ART LABO FOR BOOKSの黒田さん&岩上さんとの古本トーク・セッションに加え、FLY N’ SPIN RECORDSからタケウチカズタケと小林大吾、そしてタカツキのライブと賑やかな夜になりそうです。実質的なFlying Booksの5周年Partyか!?

3月15日
タワーレコード新宿店さんでタケウチカズタケ×小林大吾のジョイント・インストアライブがあります(7階で16時~)。この日だけのセッションはもちろん、当日限定の特典がある・・・かな!?無料なので、是非遊びに来てください!

4月20日
アースデイの日にはFlying Books傘下のSPLASH WORDSから新作詩集『虹色の蛇』を出版する九州・諏訪瀬島の詩人、長沢哲夫さんと内田ボブさんによる出版記念の朗読&歌のイベントを行います。今ところこれが今年初のFlying Booksのイベントとなるかも知れませんね。
(現在『虹色の蛇』を編集中ですが、これまでより一篇が短くなり、より一語一語の深みが増し、かつテンポよい感じに仕上がりそうです。乞うご期待!)
長沢哲夫さんの詩はこちらから数篇閲覧可能です。

4月下旬スケールアップして再始動するヒップホップユニット「SUIKA」の新作がついにリリース!恒例の先行リリースイベントも目下、企画中です。(リクエストがあれば是非ご連絡を!)
同時期、廃盤になっていたタカツキの名作「東京京都NY」が装いも新たに再発されます。

他にも、ご要望を多数いただいている小林大吾(お陰様で「詩人の刻印」がヒット中!)のライブin Flying Booksも3月あたりに検討中です。こちらもご意見・ご要望受付中!



P.S.
今週末25~27日、ロバート・ハリスさん初の作・演出による舞台『64 -Sixty Four-』がラゾーナ川崎で上演されます。
詳しくはこちらから。
[PR]
by flying-books | 2008-01-23 00:31 | EVENT@FB

タケウチカズタケ×小林大吾セッションの映像などなど

いろいろ書くことがありすぎて、手が付かず月が変わってしまいました・・・。
(年まで変わらずよかった・・・)

取り急ぎ、日曜日のイベントから、ゲストの小林大吾とタケウチカズタケの「饗宴 eureka」セッションの映像をどうぞ

タケウチカズタケ(キーボード)、高橋結子(パーカッション)
山口隆志(ギター)、DJ SHUN(ターンテーブル)
小林大吾(リーディング)

http://jp.youtube.com/watch?v=mUi9vMGQg4g


ジョン・レノンのドキュメンタリー映画「PEACE BED」についてWEBマガジン「VAGANCE」にて原稿を書きました。人間の強さについて考えさせられ、観終わると熱い気持ちにさせられるとてもいい映画でした。12月8日からTOHOシネマズ六本木ヒルズ他で公開とのことです。
エッセイ「アメリカン・カウンター・カルチャーの中の異邦人~ジョン・レノンの願いとは」はこちらから

少し時間が経ってしまいましたが、雑誌「COYOTE」の最新号にも短いエッセイ書きました。中学生時代の原体験についてです。

出たばかりの「Pen」にもちょっと登場します。どこだか当ててみてください。
[PR]
by flying-books | 2007-12-05 00:10 | EVENT@FB

次回のイベント、本に囲まれピアノに酔いしれて下さい!

f0024665_3101743.jpgいよいよ11月7日は小林大吾「詩人の刻印」発売日となりました。
発売日時点での主な取扱店舗はこちらです。
お近くのレコード店に在庫がない場合はお取り寄せ、または通販にて!
また11月7日当日はSHIBUYA-FMにて昼11:35~11:55、小林大吾が生出演します!


Flying Booksの次回イベントの予約受付もスタートしました!

12月2日(日)
FLY N'SPIN RECORDS presents
タケウチカズタケ 1st ソロアルバム『UNDER THE WILLOW -PANDA-』お披露目ライブ!

f0024665_2453131.jpg出演:
タケウチカズタケ(キーボード:SUIKA/A Hundered Birds/ D.I.T.A.)
高橋結子(パーカッション:SUIKA,/ゴメス・ザ・ヒットマン)
山口隆志(ギター:D.I.T.A.)
DJ SHUN(ターンテーブル:temple ATS)

OPEN:18:30 start:19:00
料金:2800円(CD+1ドリンク付)
予約前売制 限定50名様
*予約方法はこちらにて

f0024665_2454920.jpgSUIKAやA Hundered Bird、D.I.T.A.のキーボード/プロデューサーとして活躍するタケウチカズタケがヒップホップビートにお洒落かつソウルフルなピアノを載せたソロ・アルバムを完成させました!
発売は2008年初春を予定しておりますが、いち早くお披露目ライブをお届けします!
今回はライブ仕様ということでビートをSUIKAの盟友高橋結子のパーカッションで、D.I.T.A.でクールかつエモーショナルなギターを聴かせている山口隆志、今作でもタケウチカズタケと熱いセッションを繰り広げた降神/temple ATSのDJ SHUNをメンバーに迎えての初ライブとなります!

こちらで試聴できます!






また、同日の昼間、2004年、2005年の12月にFlying Booksで行われた
「路地裏ブロードウェイ 猫の一人芝居<ひとりカフェCats>」がパワーアップして帰ってきます。
今回会場はFlying Booksではありませんが、同じ渋谷で、13時スタートと早い時間なので、Flying Booksのイベントとはしごしてはいかがでしょう。
----------------------------------------------------------
f0024665_2511634.jpg

路地裏ブロードウェイ 猫の一人芝居 ひとりカフェCats ~キャバレー編~

日時:12/2(日)13時~
会場:NUDE TRUMP@渋谷 徒歩8分
FEE:¥2500(1drink)
〒150-0041
東京都渋谷区神南1-12-14 星ビルディング3F
TEL: 03-3770-2325

・ファッションショーetcで活躍中に女性DJ広末恵子
・エスプリ溢れるファッションブランド、ラ・レーヌ・レネットによる展示販売
・お菓子作家:ペ・ドゥ・ノンヌさんのスイーツ販売

(公式サイト)http://www.kazumic.com/cats/
「知ればマタタビ!行けよ猫道(ネコミチ)!」BLOGはコチラ

★”ひとりカフェCats”とは
かつては猫だったが、ひょんな事から人間になってしまった”男女を、micが
ユーモア&毒っ気(?)たっぷりに贈る一人芝居。
人間社会に馴染もうとする(元猫の)人間達を描くことで、
彼らが持つ“おかしみ”を表現。

【上演タイトル】(予定)
・ショーガールと検定男の出会い
・ドラッグクイーンと婦人警官の悩み
・バツ"3"女ダンサーの結婚準備バトル
・ロココ調ネガティブ女とホストの戯言
[PR]
by flying-books | 2007-11-07 03:14 | EVENT@FB

今週日曜、今年初のイベントやります

ご無沙汰してます。能登半島の地震のニュースを友人の結婚式で滞在中だった大阪で知りびっくりしましたが、石川県の友人たちはみな無事だったので安心しました。

で、今週日曜にFlying Booksで今年初めてのイベントとなるポエトリー・リーディングのイベントを行います!是非いらして下さい!

「Beat Goes On vol.8 ~ 春風めぐる10周年記念!」
【ポエトリー・リーディング】f0024665_194993.jpg
出演:長沢哲夫、内田ボブ 
OPEN:18:30 start:19:00 料金:1500円(1ドリンク付)
九州、諏訪瀬島よりナーガこと長沢哲夫さんと、久々の新作「YAPONESIA FREEWAY」(日本のジャック・ジョンソンとも言われるKEISONらをゲスト参加)を3月21日に発売する信州・大鹿村のシンガー、内田ボブさんのツアー十周年記念イベント!
旧友の作家宮内勝典さんが「現存する最高の詩人」と評するナーガさんの言葉の世界を味わって下さい。一年に一度、東京で生のリーディングが聴けるチャンスをお見逃しなく!
[PR]
by flying-books | 2007-03-27 01:10 | EVENT@FB

ただいま&始まりました&撮影×2

2月の後半はカリフォルニアに行ってました。(レポートは後ほど。)
f0024665_12221451.jpg

昨日からサイケデリック・ロックポスター展始まりました!詳細はこちら
渋谷・恵比寿の4箇所で25点のポスターを展示してます。是非40年経ってもギラギラ輝いているオリジナルポスターを見てやってください!
f0024665_12131310.jpg
TOWER CAFE (恵比寿)
f0024665_12132910.jpg
Ground 2(恵比寿)
f0024665_1213392.jpg
TOWER BOOKS(渋谷)
f0024665_12142417.jpg
Flying Books

明日の3日は19時半からTOWER CAFEで柴田元幸さん、新元良一さんの対談です。なんと1ドリンク付いて500円! 21時半くらいからはキャッシュ・オンのパーティーを予定します。両先生に直接お話を聞けるチャンスです。是非遊びにいらして下さい!

先日、店内での撮影が2件ありました。
まずは、明日3日の深夜にTBSで放映される、黒沢清監督の
「映画『叫』公開記念!ミステリー映画大研究」です。
本にも造詣が深い山田五郎さんと撮影の合間に紙や印刷の風合いについての話題で盛り上がりました。杉浦美帆さんが演じるサスペンスシーンもお見逃しなく!
f0024665_12143978.jpg
(写真は杉浦美帆さん、山田五郎さん、ディレクターの大道さん)
「映画『叫』公開記念!ミステリー映画大研究」
TBS 3/3(土) 深夜 2:10~ (予定)
「セブン」「サイコ」ほか、ミステリー映画の過去の大ヒット作や古典的名作も続々、登場!
これを見れば「叫」ワールドが10倍楽しくなる!?「叫」を取り巻く“謎”完全ガイド
司会:山田五郎、杉浦美帆

もう一件はベストをリリースしたばかりのシンガーソングライター、HARCOさんの名曲
「世界でいちばん頑張っている君に」のビデオ・クリップのワン・シーンを。スズキアルトのCMソングなので聴いたことがある人も多いことと思います。WEBでビデオの試聴も出来ます。
f0024665_12152797.jpg
撮影の合間、コーヒーブレイク中のHARCOさん。
[PR]
by flying-books | 2007-03-02 10:27 | EVENT@FB

ファミリードッグ・サイケデリック・ロックポスター・コレクション

f0024665_2311123.jpg3月1日~31日、渋谷のTOWER BOOKSとFlying Books、恵比寿のTOWER CAFEとGround2の4店でサイケデリック・ロックポスター展を同時開催します!

グレイトフル・デッド、ジェファーソン・エアプレイン、ジャニス・ジョプリンらを輩出し、サンフランシスコを中心に、60年代後半にたったの5年間でロックの歴史を創り上げた伝説のプロモート集団「ファミリードッグ」。その幻のコンサート・ポスターを昨年サンフランシスコで25点入手することができました。

f0024665_2295680.jpg通常、ポスター等はカタログで販売するのですが、サイケデック・ポスターの極彩色の魅力は実物を見ないことには伝わりませんので、一人でも多くの方に見ていただくために今回の企画をしました!
1つのテーマを基に、レコード店の運営するカフェと書店、セレクトショップと古書店の異なるカテゴリーの4店で、渋谷・恵比寿を点ではなく平面で回遊してもらおうという一風変わった試みです。是非、みなさん遊びにいらして下さい!

また3月3日には人気翻訳家・アメリカ文学者のの柴田元幸さん、新元良一さんのロック対談in TOWER CAFEも予定してます。


f0024665_317228.jpgフリーペーパー「Flying Buzz Vol.5 ファミリードッグ・サイケデリック・ロックポスターISSUE」も発行しました。両面フルカラーの拡大版で、今回の4店他で配布を随時開始してます。25点のポスターの画像やキャプションも付いてます!是非併せてご覧下さい!
(次回のブログで内容を紹介します!)


---------------------------------------------------------
Flying Books presents
f0024665_2194674.jpg

2007年3月1日(木)~31日(土) (*タワーカフェは14日(水)まで)
会場(4ヶ所同時開催)
(恵比寿) TOWER CAFEground2 (渋谷)TOWER BOOKS、Flying Books
各店の地図、展示作品等詳しくはこちら

3月3日(土)TOWER CAFEにて人気翻訳家によるロック対談開催!
「Shibata Niimoto Radio Station  60年代ウェスト・コースト特集」
(グレイトフル・デッド、ジェファーソン・エアプレイン、ジャニス・ジョプリンetc)
f0024665_2223096.jpg3月3日(土)19:00OPEN 19:30START 
place:TOWER CAFE Fee:¥500(1D付)
出演:柴田元幸(東京大学文学部教授)、新元良一(京都造形芸術大学助教授)
柴田元幸氏と新元良一氏によるDJ感覚のトークショー。アメリカ文学に造詣の深いおふたりが、お好きなミュージシャンや曲をお題に、音楽のみならず、さまざまな文化を縦横無尽に語りつくします。
presented by villagebooks supported by TOWER BOOKS
[PR]
by flying-books | 2007-02-09 00:20 | EVENT@FB

Poesie et Musique 3

日曜は約一年ぶりにFlying Booksに戻ってきた、鳥越さやかさんとロバート・ハリスさん、ピアニストの豊島裕子さんによるイベント「Poesie et Musique」の第3回目。
超満員の中、ロバート・ハリスさんが渋い歌声で紡ぐイーグルスの「Desperado」で幕を開け、シャンソンのみならず、フレンチポップ、ジャズ、ボサノヴァなど全14曲の幅広いレパートリーを、ソロやデュエット、リーディングとのセッションなどのバリエーションでお届けしました。
f0024665_35329.jpg鳥越さんは、師であるパトリック・ヌジェさんとの先月のジョイントライブを経て、2年前にシンガーとしての本格的なキャリアをスタートしたばかりというのが信じられないほどスケールと安定感が増し、ハリスさんも数十年ぶりに人前で歌ったという2月の渋谷SPUMAでのライブから見違えるほど表現の幅が広がっていたようです。また、10月に初のピアノソロCD「茄子の花」をリリースしたばかりの豊島さん作曲による谷川俊太郎さん公認のオリジナル曲「やわらかいいのち」は今回が初披露。使われている言葉こそやさしいものの、奥深い意味を持つ詩(副題は思春期心身症と呼ばれる少年少女たちに)を、切なく美しいメロディに載せた歌と朗読を交互にした構成で、これからもっともっと多くの人の耳に届けたいマスター・ピースが誕生しました。
以前、ハリスさんがホストを勤めたクラブイベントの常連の面々が集まったり、若き友人の誕生日のサプライズがあったり、盛り沢山の楽しく暖かなひと時でした。
いらして下さったお客様はもちろん、出演者やスタッフ、素敵な夜を作ってくれたすべての方々に感謝です!
「Poesie et Musique 3」SET LIST
前半
1:Desperado (リーディング~歌 by Robert feat.Sayaka)
2:いつ帰ってくるの? (by Sayaka)
3:La javanaise (by Sayaka & Robert)
4:幸せな愛などない (リーディング by Robert ~ 歌 by Sayaka)
5:Ce n'est que de l'eau (by Sayaka & Robert)
6:やわらかいいのち(オリジナル曲 谷川俊太郎作詞 by Sayaka)
後半
7:枯葉 (リーディング~歌 by Sayaka)
8:What a wonderful world (by Robert)
9:アイビー(「茄子の花」より Piano solo by Hiroko Toyoshima)
10:you'd so nice to come home (by Sayaka and Robert)
11:Le mal aime (by Sayaka feat. Robert)
12:Avec le tems (リーディング by Robert ~ 歌 by Sayaka)
アンコール
13:Love me tender (by Sayaka and Robert)
14:Neme quite pae (リーディング by Robert ~ 歌 by Sayaka)

f0024665_34916.jpg


自然界からの便りが音になりました・・・
豊島裕子CD・ピアノ曲集『茄子の花』
(定価2,000円  品番sizen001 2006年10月発売)
「タイトルは意外だが中身はグレードの高い正統派、さまざまな音楽を通り抜け、
良いエッセンスが詰まってる」(シンガーソングライター・いまむら瞭)
Flying Booksにも近日入荷予定。
[PR]
by flying-books | 2006-11-28 01:22 | EVENT@FB

原田宗典アワー2006 折り返し

Flying Books初の試みとなる、一ヶ月に7本のイベント開催も、無事初めの4連チャンを終えることができました。ご来場いただいたみなさま、ありがとうございます。

台風の影響で大雨、風の中、臨場感たっぷりで行われた6日の初日、前夜とは一転、美しい中秋の名月が煌煌と輝く中アットホームに行われた2日目、原田さんのご両親を初めご家族も揃った3日目の日曜日、公式サイト「はらだ式村」の5周年記念を兼ねた4日目の祝日と、会場は同様に暖かい空気に包まれつつも、日々の微妙な雰囲気の変化も楽しめました。

f0024665_015689.jpgこれから来場される方もいらっしゃるので詳しくは書きませんが、マイクを通さず、完全な肉声で行われる原田さんの朗読は日に日に完成度を増して行き、臨場感たっぷりです。感動のラストでは涙するお客さんも少なくありません。(スタッフですら涙するほどですから。)
要所要所で重要なアクセントとなる、笛の演奏者で作曲家の野田晴彦さんによる音楽も好評で、サウンドトラックのCDも大人気です。(野田さんご自身2回ご来場下さいました。)


f0024665_014874.jpgそして、内容に負けず劣らず、原田さんの親友のデザイナー・原研哉さんによる装丁が素晴らしいのです。朗読の為ということで、ハードカバーではなく、手元で開きやすいフランス装となった本体。特色を使った鮮やかなブルーのテクスチャーが配されたジャケットは、19世紀の詩聖といわれたテニスンの代表作にふさわしく、古典的要素も盛り込みつつも新鮮なデザインで、永く持っているのにふさわしい佇まい。そして一冊ずつ手で巻かれたというパラフィン紙。贔屓目なしに最近見た装丁の中でもピカイチだと思います。

いよいよあと残すところ3日間になりました。ここに来て予約が増えてきてますが、千秋楽の28日は席にまだ若干の余裕が、14日、21日もほぼ立見となりますが、チケットは多少残ってます。小さな空間で原田さんの朗読が聞けるチャンスはめったにありません。また今回のお話は小さい空間でこそ、よく伝わるのではないかと思います。ご興味のある方は是非いらしてください!
[PR]
by flying-books | 2006-10-11 23:09 | EVENT@FB