カテゴリ:ART( 8 )

ヤバイ!目が離せない、自然が主役のサイケ映像!

f0024665_230363.jpgグラフィックデザイナーの宮川一郎さんの展覧会にお邪魔してきました。
Flying Booksの常連でもある宮川さんは面白いモノを探したり、作ったりするのに夢中な少年(1947年生まれなのに!)のような魅力的な人で、今回は東北や京都・奈良の自然や街の風景をコンピューターに取り込み、モンタージュしていく映像作品を公開しています。
宮川さんならではのスピリチュアルな審美眼に見い出された風景や建物が、リアルタイムに組み合わされ、遊び心に満ちた新たな芸術として創作されていく様は一度目を合わせたら最後、目がはなせなくなってしまいます。特にレセプションのパーティー会場では建物全体をスクリーンにしてしまう大技で、ハロウィンの夜を幻想的に飾ってくれました。これはヤバかった!!
今回の展示は11月3日までですが、来年1月9日~2月1日には原宿でより大掛かりな個展が行われるそうで、今から楽しみです!

f0024665_2273491.jpg :)UH-HUH(:
ICHIRO MIYAGAWA EXHIBITION

(こちらのリンクからムービーが見られます!)
10/31-11/3
(11:00-20:00)
at 北山創造研究所
Energy Link
港区西麻布1-9-7
TEL:03-3404-8491





f0024665_2434176.jpgこの宮川さんと編集の森永博志さんが手掛けた絶景写真集『TRIP to the UNIVERSE 森羅』。撮影はiPod、iPhoneのイヤフォンを製造するフォスター電機の相談役でもある篠原弘明氏。70~80歳の間に行われた全中国撮影旅行の全記録を、日中合同のプロジェクトチームで世界に誇りうる写真集に仕立て上げたもの。思わずため息が漏れる絶景の合間に、随所にアートディレクションを手掛けた宮川さんの遊び心が覗いてます。Flying Booksはもちろん、六本木ヒルズのTSUTAYAでも入手可能です。是非お手にとって見て下さい。(5,250円)
[PR]
by flying-books | 2008-11-02 00:41 | ART

ストリート発、21世紀のポップ・アート!?

7月に神保町で開かれる古書オークションのカタログ編集の仕事などをしているうちにすっかり間が空いてしまいました・・・

忙殺される中、つかの間の現実逃避の手助けをしてくれたのが雑誌『WARP』6月号のLA特集と『+81』のVol.36西海岸特集。
f0024665_0211116.jpg『WARP』では、この2月にL.A.を訪れた際、同誌のライターでもある大前至氏から得た情報でライブ・ペインティングを見学したグラフィティ・クルー「The Seventh Letter」や、大物彫り師でもある「Mr.Cartoon」が大きく紹介されている。待ってました、こういう情報。実物のグラフィティの迫力に感動し、バイオグラフィとか知りたかっただけに涙モノです。
そして大前氏の手によるお勧めSHOPリストも永久保存版。アパレルやスニーカーはもちろんだけど、ハンバーガー・ショップや、ホットドッグ・スタンドなどガイド・ブックには載らないローカルなグルメ情報がありがたい。レストランでははずすことも多いけど、カリフォルニアの抜けるような空の下で頬張るジャンク・フードは麻薬的な旨さなんです。

f0024665_0205445.jpg『+81』は、今回も全編に渡ってブッ飛んだエディトリアル・デザインが展開されていて、テキストを読まずレイアウトを眺めているだけで楽しくなります。
『ARKITIP』や『RAYGUN』など西海岸ならではのCOOLかつLOOSEなテイストの雑誌をフィーチャーしてくれているのうれしい。今まで知らなかった、読みたい雑誌や、行ってみたいショップも載っていて、こちらも永久保存版。


ということで、この2月にL.A.のダウンタウンで撮影してきたグラフィティの写真を公開します。場所はリトル・トーキョーの外れにあるリーガル・ウォール(合法的にグラフィティが行える)です。(『WARP』にも書かれてますが、夜は絶対行かないように!昼でもちょっとビビります。)

f0024665_0172752.jpg

「The Seventh Letter」の作品。

f0024665_0174142.jpg

これも「The Seventh Letter」の作品。取材を受けているメンバーの姿も。

f0024665_23574630.jpg
「Mr.Cartoon」の作品。7月発売予定のコミック『The Lost Angel』も気になります。Mr.Cartoonの漫画と写真が交錯した世界で、実在する登場人物たちが繰り広げるL.A.を舞台にした物語だとか。

f0024665_0165046.jpg

トラックまでがキャンバスとなっているグラフィティと廃墟、向こうに覗く近未来的な高層ビル群。果てし無く続くビーチとパーム・ツリーの風景とは対極だけど、これもまたとてもL.A.的な眺めなのです。
[PR]
by flying-books | 2007-06-01 23:32 | ART

怒涛の個展情報5連発!すべておすすめです!

今月に入ってから足を運んだ個展でまだ観られるものを5件紹介します。


1:「HABU写真展『SORA』」
at フォトエントランス日比谷 
~12/13(11:00~19:00 最終日~14:00 日曜休)
f0024665_22482373.jpg空と雲を追いかけ世界中を旅している写真家のHABUさん。以前、広尾のカフェでスライド・ショウ+生演奏のイベントをやらせてもらいました。今回は初の写真詩集「夢にむかって」「自分の物語」(ともにピエ・ブックス)を2冊同時発売の記念。最近撮った幻想的なギリシアの月夜の写真から、何度観ても飽きることのないオーストラリアやバリの海、砂漠、草原、そして空と雲。今回の個展は今までのBEST30点をセレクションで、初めてHABUさんの世界に触れる人には特におすすめ。これまでに『空の色』(ピエ・ブックス)『あの夏』(ソニー・マガジン)など7冊のすばらしい空の写真集を出しているHABUさんですが、写真集を持っている人にも是非オリジナル・プリントで観て欲しいです。何より、吸い込まれそうな空の青の深さが違いますので。
約一年ぶりに再会したHABUさんは、オーストラリアから戻ったばかりとのことで真っ黒に日焼けして、とても元気そうでした。ここ数年、高崎に拠点を移していましたが、来年から東京に戻るとのことで、また新たなコラボレーションをしていきたいと思います!


2:「山福朱美『ヤマネコ毛布』木版画展」
at ビリケンギャラリー(南青山)
~12/14(12:00~19:00 月曜休)
f0024665_22453623.jpg木版画を作り始めて2年とはとても思えないほど鮮やかな作品を作るイラストレーターの朱美さん。
今回は木版画に刺繍布を加え、絵本仕立ての連作と新作による展覧会。旅に出るヤマネコを取り巻く森の動物たちの物語は、朱美さん初の書き下ろし。全て2版で刷られたとは思えない鮮やかな多色刷りは、個々のキャラクターがとってもキュートです。何度でも読み、眺めたくなる物語なので、一刻も早い絵本化が待ち望まれますが、『砂漠の町とサフラン酒』(小川未明作・架空社)もお薦めです!この本は印刷もすばらしく、木版多色刷りの質感を見事に再現しており、正直その技術に驚きました。会期中、朱美さんはほぼ毎日いらっしゃるようで、大好きな赤ワインと一緒に来店を待っていることでしょう(笑)


3:「ASAKO『お酒とcaféにまつわるエトセトラ』
at 縁縁-enyen(麻布十番)
~12/17(11:00~24:00 月曜休)
f0024665_2244588.jpgFlying Booksの常連で、JASRACのパンフや雑誌の挿絵で活躍するイラストレーターのASAKOさん。大好きなお酒とカフェをモチーフにした展覧会。観てるだけで涎が出てきそうな料理やお酒の書き下ろし作品が中心です。会場もおいしいお酒や料理が楽しめるカフェバーで、特に展示期間中の限定メニューは是非ともご賞味を。夏にモンゴルを旅したASAKOさんならではの『モンゴル岩塩と野菜のハーモニー/アンチョビディップ添え』や、ミントやカフェモカを使ったオリジナルカクテルも絶品でした!
貸切等の日もあるそうなので、事前にWEBでチェックしてからお出かけ下さい。


4:「ビル・ヴィオラ『はつゆめ』」
at 森美術館(六本木ヒルズ53階)
~2007/1/8(月・水~日曜日10:00~22:00 火曜日~17:00)
f0024665_22475686.jpgヴィデオ・アートの第一人者のアジア初の個展。高解像度のプラズマ・ディスプレイに写し出された極度なスローモーション映像は、まるで魔法をかけられフレームに封じ込まれてしまった人間を観ているよう。他にも迫力サラウンドと共に映し出される大画面の炎、水、植物など、計算された空間構成の中でしか味わえない臨場感でした。絵画と違って、一つの作品を観るのに時間がかかるので、余裕を持ってお出かけすることをお薦めします。


5:「スズキコージのガッタンゴットン展」
at Coffee & Galley ゑいじう(四谷三丁目)12/11~12/24(11:00~19:00 最終日~17:00 期間中無休)
f0024665_22433124.jpg

これはまだこれからですが、大好きな絵本作家のスズキコージさんの年内最後の個展。必ず足を運ぶ予定です。今回は新作絵本『ガッタンゴットン』(平凡社)の原画点とのこと。コーヒーがおいしい素敵なギャラリーです。日本全国を飛び回ってるコージさんなので、今年はなかなか会えなかったのですが、久々に会えそうなので楽しみです。(ちなみにコージさんと会うと電車で帰ったことがないです・・・)
[PR]
by flying-books | 2006-12-10 00:23 | ART

世界でたった一つの古本シャンデリア

南青山で開かれているALEXANDER LEE CHANGの展示会に行ってきました。会場に入ると視線は上に向きっぱなし。アパレルの展示会ながら、今回の個人的なメインは天井を飾っているエクステンション、ファブリック、ぬいぐるみ等さまざまな素材による賑やかで楽しいシャンデリアの数々なのでした。
中でも一番見たかったのが20kgにも及ぶ古本とキャンドル、ランプで作られたシャンデリア。「Michelle Smith」と名付けられた世界でただ一つの古本シャンデリアは、前世紀初頭の英語の本や、ハングルの絵本から、日本の小説、ウルトラマンの本まで、年代、国籍を問わない絶妙なセレクトで構成されています。
アーティストのキム・ソンヘさんの新旧、清濁を絶妙にブレンドする感性がコンパクトに封じ込められた携帯ストラップなどのアクセサリーも必見、他にもお菓子とおもちゃでデコレートされたクリスマス・ツリーが印象深かっただけに、この後12月に原宿ラフォーレで実現するスワロフスキーとのコラボレーションも楽しみです。

シャンデリアのことばかり書いてしまいましたが、ナチュラルで手触りのいいファブリックと、やわらかいラインが印象深いメインのコレクションも見逃せません!
そしてプロ・スケーターでもあるデザイナーのリー・チャンさんをはじめ、スタッフの方も来ているお客さんもフレンドリーで暖かく素敵な展示会でした。

港区南青山5-17-12 1F&2F CHANG Co.,LTD.  03-3409-9889
11月9日まで (18:30~21:00)
f0024665_41265.jpg
写真は「Michelle Smith」とアーティストのキム・ソンヘさん
[PR]
by flying-books | 2006-11-07 23:56 | ART

音の旅~Soundscape box

長方形の木の箱に頭を突っ込むと、暗闇の中から、日常の中で聴き慣れた音、昔どこかで聴いたことがあるような懐かしい音から、聴いたことがありそうだけどなんだかわからない音まで、様々な「water drops」が聴こえてきます。
f0024665_2074081.jpg

代官山の五叉路に面したビルの2階、gift_labさんのエキシビジョン「gift_sound trip #1」に行ってきました。雨や公園の瀧の音、キッチンやバスルームの音、毎日聴いているような音でも、水の滴る音には不思議と癒される気がします。(タネ明かしのリーフレットを見ると、意外と身近な音ばかりでびっくりでした。)
このSoundscape boxは意識をちょっと転換するだけで、日常が非日常に、非日常が日常に変化するということを実感させてくれる乗り物のよう。あまりの居心地の良さに「オーダー・メイドできるようになりませんか?」と聞いてしまいました。毎晩、眠る前に頭を突っ込んでみたいものです。(いっそ、頭を突っ込んだまま眠りにつけたら幸せかも。)
今回の展示は8月末で終了ですが、年に一回くらいのペースで今後も展示していくとのこと。次回のテーマが何になるか今から楽しみです。
f0024665_2075924.jpg

gift_labさんでは明日9/2(土)の夜からオールナイトで「Piacard Tokyo at gift_lab」なるイベントがあります。international headphone music festivalと冠がついたこのイベントはその名のとおり、会場でライブ演奏をヘッドフォンによって聴くそうです。以前、ヘッドフォンをしたままフロアで踊るサイレント・ディスコなるイベントがありましたが、ミュージシャンによる登録でプログラムが決まり、ストリーミングにより世界中の会場と共有・チャットでアクセスできるという参加型のこのフェスもかなり期待できそうです。

international headphone music festival
Le Placard JP Presents 「Placard Tokyo at gift_lab」
headphone concerts for headphone people
2006/9/2 19:00~翌朝9:00
会場:gift_lab
渋谷区恵比寿西1-16-1 丸山ビル2F Ground2
03-5784-0441
[PR]
by flying-books | 2006-09-01 22:25 | ART

山崎杉夫さん個展「ジェントル・ライフ」

Flying Booksのイベント、立体文学セッション・紙芝居「ここだけ雨が降っている」でお馴染みの、各種装丁や挿絵で活躍中のイラストレーター・山崎杉夫さんの個展が今日から9月8日(金)まで千駄ヶ谷のギャラリー・エフで催されてます。
f0024665_2222538.jpg

オープニングを覗いてきました。
千駄ヶ谷の駅から徒歩数分の閑静なビルの2階にあるギャラリーに、新作を含めて、程よい点数の作品が展示されてます。
中でも個人的に強く惹かれた作品は、特殊な蛍光の絵具で描かれた、山崎さんの近所にある工場の深夜を描いた作品。本当に闇の中に浮かび上がるかのような、近未来的で幻想的な都市の風景が大きなキャンパスにあの山崎さん独特の太く力強いタッチで描かれてます。今後、こういう作品を増やしていきたいとのことで、今から楽しみです。
すこし涼しくなってきたので、山崎さんの絵を楽しんだ後は、代々木や神宮外苑方面を散策するのもよいかも知れません。あの界隈は意外な路地裏に、素敵なお店が発見できるのでお気に入りのエリアです。
f0024665_22233813.jpg

山崎杉夫個展「ジェントル・ライフ」 8/28(月)~9/8(金)
ギャラリー・エフ
渋谷区千駄ヶ谷4-19-7 さくらマンション2階
03-3475-4878 
11:00~19:00(土曜・祭日は~16:30、日曜休)
(山崎さんご自身は比較的来週の方がギャラリーにいらっしゃるとのことでした。)
[PR]
by flying-books | 2006-08-28 22:29 | ART

「音楽はそれを愛するものすべての者のまえにある」

「音楽には東も西もない。音楽はそれを愛するものすべての者のまえにある。芸術に国境はないということだ」
かつて世界が東西の冷戦の中にあった時代、東京都の主導で企画された「世界音楽祭」には東欧諸国の参加がありませんでした。芸術の祭典に政治的な中傷を持ち込まれたことに憤った作曲家武満徹が筆を取ったのがこの原稿です。
皮肉なのはこの音楽祭の計画者が、ロシア生まれのアメリカ人作曲家ニコラス・ナボコフ(あの「ロリータ」のウラジミール・ナボコフの従弟)だったということ。東西の架け橋となり得たはずの作曲家が、実際は強力な反共産主義者で、東側諸国の音楽祭参加を拒否したそうです。
釈然としない武満はこの芸術がすり替えられた政治的図式に乗ることを拒否し、「賛否ともに納得できないままでいる。傍観的立場をとるつもりはないのだが、やむを得ない。」としています。
ジョン・ケージ、ジャスパー・ジョーンズやブルーノ・ムナーリらと国境やジャンルを越え、共鳴・協働してきた武満徹にとって、芸術が政治に利用され、また政治によって芸術の自由が奪われることは何より許しがたかったに違いありません。
f0024665_14806.jpg
武満徹草稿「世界音楽祭をめぐって」 ペン書400字詰原稿4枚完
[PR]
by flying-books | 2006-06-10 23:42 | ART

「武満徹 Visions in Time」

「音を聴く時、視覚がいつも伴ってきます。そしてまた、眼で見た場合、それが聴覚に作用する。しかもそれは別々のことではなく、常に互いに相乗してイマジネーションを活力あるものにしていると思うのです。」(武満徹 Visions in Time展公式カタログより)

今年没後10年を迎える音楽家、武満徹の回顧展が、彼自身が芸術監督を務めながらも落成を見ることが叶わなかった東京オペラシティアートギャラリーで今月18日まで開かれています。
音楽家の展覧会に足を運んだのは学生の時に訪れた「ワーグナー展」、「エリック・サティ展」以来ですが、今回の展覧会は音楽、絵画、詩、映画とあらゆるものに好奇心を示し、ジャンルや国境を越えたアーティストたちと交感しあい、それらを作品に取り込んで行った武満ならではの最も多岐に渡ったものでした。
 武満自ら「学んだことは限りない」と言う瀧口修造と彼を中心に結成された「実験工房」、駒井哲郎、加納光於ら画家、杉浦康平、田中一光らグラフィック・デザイナー、安部公房、谷川俊太郎ら作家・詩人、ジョン・ケージ、ジャスパー・ジョーンズ、イサム・ノグチ、ホアン・ミロらとのコラボレート作品はもちろん、作曲のインスピレーションの素となったルドンや、村上華岳らの絵画、芸術性の高いものから大衆娯楽作品まで幅広く作曲を手掛けた映画のポスター群までが一堂に会した展示は、一つの戦後文化史を見ているかの様でした。
中でもイタリアのグラフィック・デザイナー、ブルーノ・ムナーリから贈られた「Invisible book(読めない本)」の4色からなる不揃いの紙片に、武満自らが音符や打楽器奏者への指示をグラフィカル記入した「ムナーリ・バイ・ムナーリ」や、杉浦康平とのコラボレートによって手掛けられた「グラフィック楽譜」の数々は、ジャンルをクロス・オーバーし、音楽を視覚的にも表現してきた武満ならではの魅力をもっともよく表していたかと思います。
親交のあった各界のアーティストから今回寄せられた言葉には愛が溢れ、今なお武満徹の精神はそれぞれの作品の中で生きつづけているかのようでした。
f0024665_083158.jpg
「武満徹 Visions in Time」展  ~6/18(日)
東京オペラシティアートギャラリー
〒163-1403 東京都新宿区西新宿 3-20-2
Tel.03-5353-0756
写真は公式カタログ
エスクァイア・マガジン・ジャパン刊 2520円
(一般の書店でも購入できるようです)
[PR]
by flying-books | 2006-06-08 23:04 | ART