カテゴリ:未分類( 6 )

ECD、初の朗読! on カタリココ

10月5日(日)に大御所ラッパー/ライターのECDさんを迎える朗読&対談のイベント「カタリココ」の予約受付をスタートしました!
ECDさんご自身、「朗読」は初とのことです。来週打ち合わせがありますので、その後更なる詳細をお知らせします。乞うご期待!!
(今回のフライヤーデザインは詩人・デザイナーの小林大吾君!)

f0024665_17504373.jpg10月5日(日)
「カタリココ feat.ECD」
【対談、朗読】
出演:大竹昭子(ナビゲーター) 、ECD
OPEN:18:30 start19:00
料金:1500円
会場:渋谷・Flying Books
TEL、MAIL、店頭にて予約受付中!(限定50名様)



時にバックトラックに載った音楽として、時に活字として。
ストリートから発せられる表現には唯一無二のリアリティがある。
86年にNYのグループ、RUN D.M.C.の公演を見て衝撃を受け、以降日本のヒップホップ・シーンを黎明期から第一線で引っ張ってきたラッパーのECDさんと、80年代初頭NYでヒップホップの誕生に触れた大竹昭子さん。
「言葉の意味と音」をメイン・テーマに「ストリートの表現」について語っていただきます。


f0024665_188195.jpgGUEST:ECD(a.k.a.石田義則)
1960年生まれ。87年にラッパーとして活動開始、96年の伝説的イベント「さんピンCAMP」のプロデュースなど日本のヒップホップ・シーンを常に最前線で引っ張ってきた。03年以降は自身のレーベルから音楽作品を発表中。著書に『ECDIARY』『いるべき場所』などがあり、アル中からの帰還を描いた自伝的小説『失点・イン・ザ・パーク』(05年)が話題を呼んだ。http://www.finaljunky.com/

*ECDさんと奥様の写真による連載「WE ARE ECD+1」
ここを読むとECDさんがいかにピュアな人かがわかる、家族愛に満ちたコラム。

*京都と下北の個性派レコ店JET SETさんの連作「失われたWANT LIST 」
うーん、ディープです。Flying Booksイベントの常連さいとういんこさんのシンガー時代の作品も出てます。探してみてください。


f0024665_1874672.jpg*休刊となってしまう『論座』10月号の座談会「路上の批評性」も興味深く、カタリココでの対談にもつながりそうなディープな内容でした。



昨年、スイッチ・パブリッシングのカフェではじめたトークと朗読の会「カタリココ」は、今年は渋谷・吉祥寺・茅場町の古書店を会場にしてつづけています。
本のある場所で、本に囲まれて過ごす、とっておきの2時間。
後半も多彩なゲストをお招きしてお待ちしています。
どうぞお近くの(または遠くの)カタリココに足をお運びください。

(ナビゲーター大竹昭子)

大竹昭子・プロフィール
1979年から81年までニューヨークに滞在、文筆活動をはじめる。
ドキュメント、エッセイ、小説、写真評論と超ジャンルで執筆し、朗読にも力を注ぐ。
『アスファルトの犬』『眼の狩人』『図鑑少年』『きみのいる生活』など著書多数。
最新刊は自身がセレクトした写真100点に短文をつけた『この写真がすごい2008』。
雑誌「真夜中」で90年代以降に登場した写真家のドキュメント「眼のエイリアンズ」を連載中。
[PR]
by flying-books | 2008-09-20 18:14

【Letter from Flying Books 2008.4.10】+α

今日のUPは、メルマガの内容に画像を添えたものです。
これまでと被る内容も多いですが。。。

また、WEBマガジンARICAに掲載されましたので、こちらも是非ご覧になって下さい!

【Letter from Flying Books 2008.4.10】

Flying Books、2008年最初のニュースレターです!

主な内容は
・長沢哲夫さん新作詩集『虹色の蛇』出版イベント
・SUIKA新作『カッコいい』リリース
・『BRUTUS TRIP vol.1』

【1:現役漁師詩人の新作朗読会&さいとういんこさん久々のリーディング!】
九州、諏訪瀬島よりナーガこと長沢哲夫さんが2年ぶりの新作を携え、信州・大鹿村のシンガー、内田ボブさんと戻ってきます。
今回ももちろんFlying Booksが運営するインディ詩集出版レーベルSPLASH WORDSからの1コイン詩集シリーズから。
以前より一篇が短くなり、テンポが良くなった作品を中心に52篇を収録。
旧友の作家宮内勝典さんが「現存する最高の詩人」と評するナーガさんの言葉の世界を味わって下さい。
また、レーベルメイトの詩人/シンガーさいとういんこさんも約3年ぶりにリーディング・シーンに復帰! 
一年に一度、東京でナーガさんの生のリーディングが聴けるチャンスをお見逃しなく!
---------------------------------------------------------
f0024665_185772.jpg4月20日(日)
SPLASH WORDS presents
長沢哲夫新作詩集『虹色の蛇』出版記念
「Beat Goes On vol.9 ~ 春風めぐる」
【ポエトリー・リーディング】
出演:長沢哲夫、内田ボブ、さいとういんこ
OPEN:18:30 start:19:00
開場:Flying Books
料金:1500円(詩集「虹色の蛇」+1ドリンク付)
-------------------------------------------

【2:SUIKA2年半ぶりの新作『カッコいい』4/23にリリース!】 
Flying Booksの音楽レーベルFLY N' SPIN RECORDSから看板アーティストのヒップホップユニット
SUIKAの新作『カッコいい』が4月23日にリリースされます。
残念ながら今週末のリリパはSOLD OUTですが、5月10日(土)には青山のライブハウス月見ル君想フでリリース記念イベント「スイカ夜話」を行います。
ゲストにJ-WAVE等でも話題の詩人小林大吾や、リップスライムのトラック提供等評価の高いSONPUBを迎えてのスペシャル企画です。SONPUB君のサンプラーを叩きまくってフロアをロックするライブは必見です。
去年の恵比寿ミルクでのパフォーマンスは昨年の個人的ベスト3に入るほどでした。
詳細はこちら→http://www.suikaweb.com/
f0024665_1852732.jpg

『カッコいい』の試聴はこちら
→http://www.myspace.com/suikacrew
先行予約も受付中
→http://www.flying-books.com/mailorder.htm

ウッドベースの吟遊詩人タカツキの名盤「東京京都NY」も再発(1500円!)され
ました。 →http://nrecords.cart.fc2.com/


【3:『BRUTUS TRIP』にてサンフランシスコ・ブックフェア出店の模様を!】
『BRUTUS TRIP vol.1』にて、2月に出店してきたアメリカ、
サンフランシスコでのブックフェアの模様が紹介されました!
全米・ヨーロッパを中心に200店以上が参加したフェアへの出店はとてもエキサイティングで、
他にも今までどこにも掲載されたことのない秘蔵のブック・プレイスも紹介させてもらいました。
伝説のビート詩人ゲーリー・スナイダーの充実ロング・インタビューも必見です。

こちらでちょこっと覗けます→http://www.magabon.jp/choiyomi/?zas=220&kng=1203
-------------------------------------------------------
上記メールマガジンは不定期で配信しており、数ヶ月に一度のペースですが、配信ご希望の方は下記までその旨をご連絡下さい。次回から配信致します。
info[a]flying-books.com ([a]を@に差換えて送信してください。)
[PR]
by flying-books | 2008-04-12 18:12

【アルバイト・スタッフ募集!】

Flying Booksを運営する株式会社古書サンエーで、
3年ぶりにアルバイトスタッフを募集することになりました!

枠は2名で、9月25日くらいまで受け付け(早期終了する可能性もあります。)、
選考・面接後、10月初週からの勤務となります。

ご興味ある方はこちらをご覧下さい



無事、採用を終了させていただきました。 
多数のご応募ありがとうございました。(9/27追記)
[PR]
by flying-books | 2007-09-19 00:10

本年もよろしくお願いします!

年末年始のバタバタでだいぶ間が開いてしまいましたが、本年もよろしくお願いします!

f0024665_1232986.jpg今年もいろいろ仕掛けていくつもりですが、まずは2月にフリーペーパー「Flying Buzz」5号(サイケデリック・ロックポスター特集号)を発行、3月1日~31日に渋谷のFlying Booksとタワーブックス、恵比寿のタワーカフェとGround 2で同時開催予定(タワーカフェのみ14日まで)の「ファミリードッグ・サイケデリック・ロックポスター展」(翻訳家でアメリカ文学者の柴田元幸さんと新元良一さんのロック対談も)の企画、4月1日に、今年で10年目という詩人・長沢哲夫さんとシンガー・内田ボブさんのツアーを迎えるなどの予定があります。


1月半ばに、10年来の友人の結婚式に参列するため、インドネシアを訪れました。
そんなエピソードなどもご紹介して行きたいと思います。
f0024665_1234685.jpg

(新年会のビンゴで当たったデジカメ、さっそく使わせてもらいました!明治古典会のみなさまありがとうございます!)
[PR]
by flying-books | 2007-01-26 01:27

合掌・下村誠さん

悲しいニュースが入りました。個人的なことかも知れませんが、なかには共通の知人もいると思いますので、敢えてここにUPさせていただきます。

シンガーソングライターの下村誠さんが6日夜、火事が原因で亡くなられました。
下村さんはかつては佐野元春さんと活動を共にし、最近では長野に拠点を移し、地道な作曲・音楽活動、ご自身のレーベル運営をされていました。また音楽評論家としても多くの文章を残し、著書『路上のイノセント』はFlying Booksでも何度も取り扱ってます。オープニング・パーティーに参加してくれたり、詩を歌にしているビート詩人、ナナオサカキさんのイベントに駆けつけてくれるなど、Flying Booksの内外でお世話になっていた大切な友人でした。また、音楽活動を通じて911のテロや原発反対のメッセージを発信し続けた心やさしい運動家でもありました。あのはにかんだ笑顔と、ほろ酔いの歌声が聴けなくなってしまったと思うととても残念です。心よりご冥福をお祈りしたいと思います。(合掌)

世界中のすべての兄弟に僕は言おう 言って歩こう
人生を大切にしなさい 僕らはみんな兄弟だ
  血を流すならあなたの血を
  猫っかぶりのお偉いお方
僕は逃げる 武器は持っていない
憲兵たちよ 撃つがいい

(「拝啓、大統領殿」より)

f0024665_0531365.jpgおーい!地球。生きてるかい?
おーい!大地。まだ息をしているか?
ビョーキが最悪になる前に
大声で、大声で泣きわめいてくれよ

(「ガレキの海、漕いでゆく」より)

争いは多くの人々の運命を傷つけ
悲しみの扉を開けていく

輝きに満ちた愛が
いつか噴水のように高く湧き出るまで
願っているよきみのため
祈っているよいつまでも

(「虹の戦士Ⅱより」)

画像はCD「風待ち」下村誠(2002年 NATTY-1032)
下村誠さんのホームページはこちら
[PR]
by flying-books | 2006-12-09 00:54

ブログ開設しました!

あけましておめでとうございます。
昨年、「フライング・ブックス 本とことばと音楽の交差点」という本を晶文社さんに出していただき、その際生まれて初めて20万字も書いた反動で、しばらく文章を書いていませんでした。
年も変わり、そろそろ十分リフレッシュできましたし、Flying Booksの日常の中で、店頭や店からの刊行物からなかなか伝わりづらいメッセージなどをこのブログでお伝えできればと思います。
何分不慣れなので、読みずらい部分あるかと思いますが、お付き合いの程、よろしくお願いします。

2006年1月12日
Flying Books店主 山路和広
[PR]
by flying-books | 2006-01-13 01:36