2006年 12月 09日 ( 1 )

合掌・下村誠さん

悲しいニュースが入りました。個人的なことかも知れませんが、なかには共通の知人もいると思いますので、敢えてここにUPさせていただきます。

シンガーソングライターの下村誠さんが6日夜、火事が原因で亡くなられました。
下村さんはかつては佐野元春さんと活動を共にし、最近では長野に拠点を移し、地道な作曲・音楽活動、ご自身のレーベル運営をされていました。また音楽評論家としても多くの文章を残し、著書『路上のイノセント』はFlying Booksでも何度も取り扱ってます。オープニング・パーティーに参加してくれたり、詩を歌にしているビート詩人、ナナオサカキさんのイベントに駆けつけてくれるなど、Flying Booksの内外でお世話になっていた大切な友人でした。また、音楽活動を通じて911のテロや原発反対のメッセージを発信し続けた心やさしい運動家でもありました。あのはにかんだ笑顔と、ほろ酔いの歌声が聴けなくなってしまったと思うととても残念です。心よりご冥福をお祈りしたいと思います。(合掌)

世界中のすべての兄弟に僕は言おう 言って歩こう
人生を大切にしなさい 僕らはみんな兄弟だ
  血を流すならあなたの血を
  猫っかぶりのお偉いお方
僕は逃げる 武器は持っていない
憲兵たちよ 撃つがいい

(「拝啓、大統領殿」より)

f0024665_0531365.jpgおーい!地球。生きてるかい?
おーい!大地。まだ息をしているか?
ビョーキが最悪になる前に
大声で、大声で泣きわめいてくれよ

(「ガレキの海、漕いでゆく」より)

争いは多くの人々の運命を傷つけ
悲しみの扉を開けていく

輝きに満ちた愛が
いつか噴水のように高く湧き出るまで
願っているよきみのため
祈っているよいつまでも

(「虹の戦士Ⅱより」)

画像はCD「風待ち」下村誠(2002年 NATTY-1032)
下村誠さんのホームページはこちら
[PR]
by flying-books | 2006-12-09 00:54