冬のおすすめエスプレッソ・ドリンク

f0024665_4154663.jpgオレンジのさわやかな香りと、体をあたためてくれるチョコレートの甘さ、そしてエスプレッソのほろ苦さとの奇跡的なコンビネーション。季節限定の「モカ・バレンシア」はスターバックスで一番好きなエスプレッソ・ドリンクです。
初めて飲んだのは学生時代の貧乏旅行でNYに滞在中。やみ雲に歩いたセントラル・パークの東、アッパー・イーストの街で寒さと足の疲れに耐え切れず逃げ込んだスターバックス。どうせなら日本にないメニューをと頼んだのがこれでした。想像すらしなかった美味しさに疲れも一気に吹き飛んだ記憶は今も鮮明で、僕にとっての魔法のドリンクなのです。
最近は日本でも冬の限定メニューになっていますが、徐々にマイナーチェンジを遂げているようです。以前は通常のカフェ・モカよりエスプレッソが1ショット多く、甘さと苦味が仲良く同居した味でしたが、今年はそれが減り、甘さが増したようです。僕は以前の味の方が好きで、トール・サイズにショットを足して作ってもらってます。
(スターバックス系のラテやモカはショートとトール・サイズがエスプレッソの量が1ショット、一番大きなグランデ・サイズが2ショット入りです。ショートとトールの差はミルクの量が増えるだけなので、濃いラテが飲みたい人にはトール・サイズは向いてないのです。)
もう一つ、シアトル系のチェーンの中で一番好きなのはタリーズのカフェ・モカ。トール・サイズにショットを追加し、ホイップクリームを入れないで作ってもらう「ダブル・トール・モカのホイップ抜き」がベスト。チョコレートの甘さとエスプレッソ&ミルクのバランスが抜群です。(ちなみに甘党の人はシアトルズ・ベスト・コーヒーのカフェ・モカを是非。ホイップはここのが一番おいしいです。上に載せてくれるビターなチョコレート・バーもGOOD。)
通常は普通のドリップ・コーヒーの方が好きなのですが、スターバックスの「モカ・バレンシア」とタリーズの「タブル・トール・モカのホイップ抜き」だけは例外です。冬の寒い日に是非試してみてください。
あ、フライング・ブックスは飲食物持込不可ですのであしからず・・・・
[PR]
by flying-books | 2006-02-12 11:59 | Small pieces


<< クレイジーなスケボーショップで... 100日で100万人の大虐殺 >>