「HOWL」- 半世紀過ぎても衰えぬ反骨精神(Flying Buzz vol.2より)

そして来週末にはFlying Buzzの第3 号を製作中です。
次号は「ホール・アース・カタログ」特集、発行は7月中旬を予定してます。

2号に掲載した、アメリカの詩人、アレン・ギンズバーグの今年出版50周年を迎えた代表作「HOWL」についての記事を掲載します。

------------以下、Flying Buzz vol.2より------------

「HOWL」- 半世紀過ぎても衰えぬ反骨精神    text by Tsukagoshi

アレン・ギンズバーグは、ケルアック、バロウズらと並び、1950年代にアメリカで起こった文学運動ビート・ジェネレーションを代表する詩人。既存の文化や価値観を根底から覆した象徴的存在である。ギンズバーグはサンフランシスコにあったシックス・ギャラリーで行われた朗読会に、約150人の前で「HOWL」を初めて披露した。今まで誰も体験し得なかった、偽りのないありのままの自分をさらけ出した詩に皆感嘆し、詩人達は誰もがこの一夜を「まるで世界が変わった」と回顧する程の出来事だった。1955年10月6日、ビート詩人アレン・ギンズバーグが産声を上げた記念すべき日である。

f0024665_1754223.jpg1956年秋、ローレンス・ファーリンゲティ(シティライツ書店店主)は「HOWL」をシティライツ書店の「ポケット・ポエッツ・シリーズ 」(ポケットサイズの低価格詩集)第4作目として出版した。(初版1000部はイギリスで印刷され、定価75セントだった。)
しかし、翌年春、税関でわいせつ文書として押収、警察によってシティライツ店頭の「HOWL」も押収され、ファーリンゲティとマネージャーのシゲヨシ・ムラオ(シアトル生まれの日系二世)が逮捕されることになる。しかし裁判で、アメリカ自由人権協会や仲間のサポートの元、「わいせつとの判断は不当」とする判決を勝ち取る事が出来、これをきっかけに、「HOWL」とギンズバーグの名は一気にアメリカ全土へ知れ渡った。(裁判後は1万部の増版)

f0024665_17545252.jpg
日本では1961年(昭和36年)に「HOWL」が古沢安二郎訳により那須書房から500部限定で「咆哮」という題で出版された。ギンズバーグは60年代から度々日本を訪れており、特に日本のビート詩人であるナナオ・サカキらとは共に世界各地の朗読会へ赴くほど、長い交友関係が続いた。現在日本語で入手可能なものとして「ギンズバーグ詩集(諏訪優訳:思潮社)」、「特集アレン・ギンズバーグ:現代詩手帖特集版(富山英俊訳:思潮社)」等があり、こちらは「吠える」として収録されている。他にも「ビート詩集(片桐ユズル訳:国文社・1962年)」があり、それぞれ訳者によって微妙なニュアンスや表現が違うので読み比べてみると面白い。
現在ポケット・ポエッツ・シリーズの「HOWL」は、これまで93万5千部発行され、6ドル95セントでデザインは当時と変わらぬままだ。また海外ではリーディングを収めたCDも発売されており、観衆の大喝采に包まれるライブ盤は、その絶大な人気が伺えるので是非聞いてみてほしい。

f0024665_17551998.jpg生前ギンズバーグは、60年代以降に反戦運動の扇動的存在としてFBIにマークされた事がある。しかし音楽界のボブ・ディランやパティ・スミス、故ジョー・ストラマー(ザ・クラッシュ)との交流、往年の作品が評価されての全米図書賞の受賞や大学教授として教鞭を執るなど71歳の生涯を終えるまで活動は多岐に渡った。ギンズバーグに人々が共鳴した詩の中には、価値観や流行に流されず、批判や反応を恐れない反骨精神にある。かつてのシックス・ギャラリーのように観衆の度肝を抜く詩人が再び現れ、若者が奮い立つ瞬間に出逢える事を願っている。これからも、「HOWL」はずっと人々の心に刻まれていくだろう。
最後に古沢安二郎訳による「咆哮」の文頭を紹介したい。
<咆哮>
「私はおなじ世代の最良の人たちが狂気に身を亡ぼされ、狂気に飢えて裸にされているのを見た、
からだを引きづりながら夜明けの黒人街を腹立たしい一本のヘロインを探し求めるため歩き回るのを、
夜の機構を動かす星のダイナモの中に溶けこんで行く昔ながらの天のかけ橋をせめて薬に求めようとして
もがいている天使のようなヒップスターたち、・・・・」
[PR]
by flying-books | 2006-06-28 23:37 | Flying Buzz


<< 今晩、NHKラジオ「ケータイ短... 「音楽はそれを愛するものすべて... >>